仮想通貨

2019年6月時点でのTenXのPAYトークンに関する最新情報と解説

TenXは仮想通貨用のデビットカードとして有名ですが、TenXはICOで資金調達をしてPAYトークンを配布しました。

この仮想通貨「PAY」の特徴を簡単に紹介しようと思いますが、2017年6月頃とはかなり状況が変わってきたので当初予定していた仕様とこれからの予定を解説します。

今は何の意味もないトークン

結論から言うと2019年6月9日時点でPAYは何の機能もないトークンです。

また、2019年に入り、TenXはあらたにTenXトークンを発表しました。

ということはTenXが配布するトークンは2種類存在しているということです。

元のPAYトークンは今後ユーティリティトークンとしてウォレットに統合したり使っていく予定です。

新しいTenXトークンは証券(セキュリティトークン)として、当初予定していた配当を受け取れる予定です。

TenXトークンについて詳しくは下記ページを参考にしてください。

http://www.tenx-matome.com/entry/2019/02/13/150055

当初予定していたPAY保有者に対する配当は?

トークンを保有していると、TenXの全売上に対する0.5%をトークン保有者に分配(山分け)されるというのがPAYの初期構想でした。

しかしICOの時には問題がなかったものの、その後世界各国のルールの変化により仕様を変更せざるを得なくなりました。

理由はTenXが「もっとも厳しい国の規制に合わせる」というスタンスだからで、例えばEUでは本人確認なしで仮想通貨を送る(エアドロップ)ことはアンチマネロンに引っかかり、アメリカでは何もせずに配当を得ることは法的に証券にあたるとされます。

さらに、TenXはPAYをユーティリティトークンにして何か行動を起こしたユーザーに配当を出すということも考えましたが、2018年4月にアメリカのSECが出したガイドラインによってそれも潰されました。

そこで生み出されたのが先ほど書いたTenXトークンという新しいトークンです。

2019年6月14日時点では、TenXトークンを保有する人に対しての配当は未配布ですが既に決定済みです。実際に受け取ったらどれくらいの価値があるのか追記する予定です。

PAYトークンは買い?

私は個人的にしこたま買っているんですが、他人に勧めるならもう少し待ったほうがいいと言います。

理由は簡単、PAYトークンが今は何の使いみちがなく期待しかないからです。期待だけで買うのはリスキーです。

買いたい人は下記のコインマーケットキャップと言うサイトでPAYが取引されている取引所一覧を見て購入場所を決めると良いでしょう。

https://coinmarketcap.com/ja/currencies/tenx/#markets

ちなみに下記サイトのフォークデルタというところでTenXトークンを買えます。

https://forkdelta.app/#!/trade/0x515ba0a2e286af10115284f151cf398688a69170-ETH

ただ、事前にKYCをしていて権利がある人だけしか配当を受け取れない可能性が高いです。今はまだ買うときではないと思います。

TenXカードはアジアでロールアウト済み

TenXといえばトークンよりデビットカードですよね。

実はシンガポール、オーストラリア、ニュージーランド、香港、マレーシア、タイではすでに受け取ることができます。

私はマレーシアに住んでいるので2019年4月にTenXカードを受け取りました。ちゃんと使えます。

着実に、一歩ずつ前進していると思います。

なお日本でのカード受取はかなり絶望的です…まったく進んでいる気配がありません。

過去のTenXカードが使えなくなった流れは下記ページで。

TenXカードが届いた!日本ではいつ届く?
ついにTenXカードをゲット!現在日本ではどういう状況?日本人は2017年夏からずっとカードの発送を待っている状態ですが、2019年6月でも日本国内でのカード発行は未定です。 しかしシン...

PAYに関する情報を得るなら

マーンさん(@Maan10X)やひよこさん(@CCassets)のツイッターをチェックするのが手っ取り早いです。また、マーンさんはTenXまとめブログを運営していて最新の情報がまとまっているので必読です。

http://www.tenx-matome.com/

あとは公式のチャットサービスも用意されているのでこちらもいいでしょう。英語がダメな人でも日本語チャンネルがあり活発にトークをしているのでぜひ。

https://chat.tenx.tech/

TenXがなぜ配当を出せないかについて語った公式動画

これはTenXに限らず、バンクエラなどすでに配当を出している仮想通貨のホルダーも知っておくべき問題です。日本語字幕もついているのでぜひ見てください。

ABOUT ME
ヨネダ メガネ
ヨネダ メガネ
一度もマレーシアに行ったことがないのに移住した男。1986年生まれ。趣味投資。詳細プロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. アバター Noviceさん より:

    個人的には配当(報酬)はほぼ無理だと思います。
    ただTenX事業の売り上げに応じてPAYを市場から買い上げて準備金のように積み上げてほしいなと思います。
    そうするだけでも恩恵があります。

    COMITについてはホワイトペーパーを少しづつ読んでいってます。理念は素晴らしいです。理念は。
    ところで今年の2Qに銀行ライセンス取得を目指しているらしいですが、彼らがそれに失敗したとき私は大きく買いに出たいと思いますw

    • メガネくん メガネくん より:

      報酬は確かに厳しい状況です。もちろん技術的には簡単なのでTenXが保留にしている理由はただ1つ。「100%確実」のためでしょうね。
      ちなみにほぼ無理だと思う理由はなんでしょう?
      あと銀行ライセンス失敗で買う理由も興味があります。予定通り行かなくて悲観→価格下落を狙うとかですか?

  2. アバター Noviceさん より:

    いい意味でプロダクトの進捗状況が低調に思えるPAYですが、10年ホールドとか長期スパンで
    考えるといい投資先のひとつになるかなという印象です。
    PAYを買うためにKucoinに口座を開設致しました! よい記事ありがとうございます。

    Upholdと提携し出したBAT(Basic Attension Token)とかいうアルトコインも最近気になりはじめてますw
    そのためにBraveというブラウザを最近使い始めました。

    しっかりとしたポリシーを持ったアルトには頑張ってほしいものです

    • メガネくん メガネくん より:

      世間ではまだ仮想通貨という名前の通り従来の通貨と並べて考えられることが多い中で、PAYのようなものはなかったのでこれからが楽しみです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。