管理人
ヨネダ メガネ
一度もマレーシアに行ったことがないのに移住した男。1986年生まれ。趣味投資。プロフィールのページで今投資しているものや使っているブローカーなど書いています。
\ Follow me /
XM関連の記事

XMへの入金方法や最適な方法を解説

XM入金方法

XMへの入金に使えるのはクレジットカード、Bitwallet、Sticpay、国内送金などなど…

ですが、入金できないクレジットカードがあったり、Sticpayとかいう知らんもんが追加されたり、ビットコイン入金がなくなったりと変化が激しいです。

そんなややこしい問題をこのページで最新情報を伝えたいと思います。

現在、なんらかの理由によりXMTrading公式サイトで入出金の説明をしたページが存在しません。よくある質問のページで大雑把な説明はされているので一応確認しておいてください。

外部リンク:XMTrading カテゴリー別よくあるご質問

XMに入金するのにおすすめの方法は?

現在、利益分を銀行送金でしか出金できない関係で実はなんでもいいってのが正直な意見なのです。

Bitwalletを用意しておけば他のブローカーを使う時に便利なので作っておいても良いでしょう。面倒だったらクレジットカードや国内送金がすぐに入金できて良いかなと思います。

メリットとデメリットを挙げるので自分にあったものを見つけましょう。

クレジットカード/デビットカード入金のメリットとデメリット

メリット

  • 早い
  • 簡単

デメリット

  • 最近使えないカードが多い
  • 出金する時にややこしい

Bitwallet入金のメリットとデメリット

メリット

  • XMへの入金手数料無料
  • Bitwalletへの入出金手数料も格安
  • 他のブローカーでも採用されているので資金の横移動ができる
  • 入金反映が早い

デメリット

  • Bitwalletアカウント作成が必要
  • 出金するときはBitwallet入金額までしか出せず利益分は銀行送金

Sticpay入金のメリットとデメリット

メリット

  • XMへの入出金は手数料無料(Sticpayへの入出金は手数料あり)
  • Bitwalletと同じく他ブローカーとの資金移動が可能

デメリット

  • Sticpayアカウントの作成が必要
  • 手数料がBitwalletに比べて高額
  • 出金するときはSticpay入金額までしか出せず利益分は銀行送金

国内送金による入金のメリットとデメリット

メリット

  • Bitwalletなどのアカウントが必要なく銀行口座から送金手続きするだけ
  • 海外送金ではないので簡単で手数料が安い(普通の振込手数料だけ)
  • 出金するときに難しいことを考えず銀行送金で全額出金できる

デメリット

  • 入金する時に振込名義人を変更しないとダメ(忘れがち)
  • 出金は全額銀行送金になるので手軽に他のブローカーへの資金移動ができない
  • クレジットカード、Bitwallet、Sticpayに比べると資金反映に時間がかかる(30分とか1時間ですが)

細かなことは次の項目で解説していきます。

クレジットカードとデビットカード入金

この2つは基本同じです。ただし、プラスチックカードを発行しないバーチャルプリペイドカードは注意したほうがいいです。海外FXでは不正利用対策に実物のカードの写真を求められることがあるからです。

クレジットカード/デビットカード入金の良いところは手続きが簡単で口座への反映が早いことです。手数料も基本無料です。

デメリットは、拒否されるカードが多いのと、カードの写真を撮影して送る必要があることでしょうか。これは最初だけなので私みたいに面倒くさがりでなければ気にならないでしょう。

あと出金ルールが海外FX初心者には馴染みがないというのもあります。これらについて順番に解説していきます。

クレジットカード/デビットカードで入金できない理由は?

カード入金を試みるも「入金リクエスト失敗」…

デビットカードの残高が足りていないせいで決済ができないということは考えられますが、クレジットカードで入金できなかった場合のほとんどの原因は、海外FX業者への利用を制限されているせいです。

一応カード会社に問い合わせてみるのもいいですが、金融庁の圧力によりカードの決済銀行が特定の業者への利用を止めているのが原因なのでどうしようもありません。

海外FXの利用を止めたい金融庁は、圧力をかけやすい銀行に手を回していると思われます。すべてのクレジットカード/デビットカードの決済は必ず銀行を経由するからですね。

つまり使えないのは日本のクレジットカードだけで、それは決済銀行のせいなので他のブローカーでも同じく入金できない可能性が高いです。

この場合はもう諦めるしかありません。具体的にどのカードが使えないかというのはわかりませんが、マスターカードは特に使えないことが体感的に多いです。まぁすべて使えなくて当然くらいに思ってたほうがいいです。

どうしてもカード入金したい場合は後述するBitwalletを経由すればOKです。

入金するときの注意事項

XMクレジットカード/デビットカードで入金するときの注意点

注意するのは他人のカードを使わないというくらいです。親だろうが家族だろうが、自分のカード以外を使うのはご法度です。

XMの口座名義とカード名義が違うのはすぐにわかるのでやめておきましょうね。

クレジットカード/デビットカード入金方法

対応しているカードはVISAカード、マスターカードそれにJCBです。JCBだけ分かれているので間違えないようにしましょう。

XMクレジットカード/デビットカード入金

会員ページのCredit/Debit Cardを選び、入金額を入力してカード番号入力ページへ移動します。このあたりはオンラインショッピングでの手順と同じなので簡単ですね。

クレジットカード/デビットカードで入金した場合の出金方法

国内FX業者のように出金が単純でないのでしっかりと把握しておいてください。

トータルの出金額が、クレジットカード/デビットカードで入金した金額の合計に達するまではキャンセル処理がされ、それ以降の利益分は銀行送金で出金するというルールです。

このキャンセル処理というのはお店で買った物を返品するときの同じ手続きです。支払いをなかったことにします。

例えば、クレジットカードで10万円を入金したなら、10万円を出金するまではキャンセル処理になります。1万円の出金を10回しても同じです。10万円の支払いでも10万円以下のキャンセル処理が可能です。

10万円入金して、損失を出して口座残高が5万円になった場合は5万円をカード出金できますよね。そして残り5万円のカード出金枠が残ります。さらに10万円をカードで再入金した場合のキャンセル処理しないといけない枠は合計15万円になります。

入金した金額は出金枠として残るというのをイメージするとわかりやすいかと思います。出金枠が空になると利益分になるのです。

このややこしいルールはマネーロンダリング対策によるもので、原則お金は元の経路で返しましょうねということです。

後述するBitwallet入金であっても適用されますし、他の海外FX業者でも同様です。しっかりと把握しておくと役立ちますよ。

例外的に、XMではJCBで入金するとすべて銀行送金での出金になるようでキャンセル処理は発生しません。(現金化に使われないのかな)

Bitwallet入金

XM mybitwallet入金

Bitwalletは現在海外FXで一番使われている決済業者です。ただ仲介するだけでなく、Bitwalletアカウントに資金を貯めておけるので、他の海外FX業者との資金移動がとても楽になる便利な存在です。手数料も安いので絶対に使ったほうがお得です。

利用にはBitwalletのアカウントが必要です。アカウントなしでも月3万円くらいのカード入金なら可能ですが、あくまでお試しくらいですね。本格利用はアカウント必須です。

参考:Bitwallet公式サイトアカウント開設

クレジットカード入金とBitwalletアカウントからの出金には本人確認書類の提出が必要ですが、国内送金でBitwalletアカウントに入金して、XMへ送金するのには本人確認が不要なので面倒な人は本人確認を後回しにしても大丈夫です。

参考:Bitwallet公式サイトアカウントステータスについて

Bitwalletのメリット

手数料が安いのでXMの入出金だけでなく、別の海外FX業者に引っ越しする時にも役立ちます。

XMではBitwalletに利益分を出金できなくなったので魅力が半減したのですが、それでも横移動を考えるとBitwalletはとてもおすすめできます。

複数の海外FX業者を使うなら単純なクレジットカード入金よりBitwalletを活用したほうが便利ですが、XMだけしか使わないならクレジットカードを使ってもさほど変わらないかもしれません。このあたりは人それぞれかもしれません。

Bitwalletで入金する方法

Bitwalletを経由するのでまずBitwalletのアカウントに入金する必要があります。

Bitwalletアカウントに入金

Bitwalletへは国内送金かクレジットカード、最近Apple Payでも入金できるようになりました。おすすめは国内送金で、手数料が今なら無料なのです。

Bitwalletへの入金方法

こんな感じに入金先口座が用意されているので、ご自身の銀行口座からここに送金するだけです。

Bitwalletの国内送金による入金

もちろん海外送金にならないので高額な送金手数料はかかりません。

Bitwallet→XMに入金

Bitwalletに入金ができたら次にXMの会員ページで入金手続きをします。

シンプルにBitwalletに登録したメールアドレスと金額を入力するだけです。

XM mybitwalletで入金する方法

入金ボタンを押すとBitwalletの決済ページが表示されます。

XMマイビットウォレット入金ページ

画面の指示に従って、BitwalletアカウントにログインすればOKです。口座への反映も早く使い勝手は最高です。

Bitwalletで入金した場合の出金方法

基本はクレジットカード/デビットカードで入金した場合の出金方法と同じです。

ただしクレジットカードとBitwallet、どっちも使って入金した場合はクレジットカード出金が優先されます。

なお、以前は利益分など入金分以外もBitwalletで出金できましたが現在はできません。

国内送金での入金

XM国内銀行送金による入金

国内送金は、高額で面倒な海外送金を使わずに国内送金だけでXMに入金することができます。

Bitwalletのアカウントを作ったりと面倒な作業は必要なく、指定された銀行口座に送金手続きをするだけなのですぐにできるのがメリットです。

国内送金による入金方法

XM国内送金の注意事項注意事項多すぎ

注意事項をまとめると、

  • 初回入金の際に国内送金のページを開く
  • 一回の送金額は最大1000万円
  • 取引口座と銀行口座の名義を一致させる
  • 振込人名義にローマ字表記の氏名とMT4/MT5口座番号を追記
  • 1万円以上の入金は手数料無料
  • 1万円未満の入金の反映手数料は1500円
  • 着金後1時間以内に口座へ反映

特に注意することは振込人名義を英語にしてXMの口座番号を入れないと処理が遅くなる点でしょうか。

国内送金の場合はXMのサイト上で入金手続きを行いません。

XM国内送金

このようにLocal Bank Transferを選ぶと入金先が表示されるので、自分の銀行口座から振り込みます。このページはスクショを撮ったりメモに保存したら閉じてOKです。

そして、振込人名義を指定されているのに注目です。このままコピペして送金時に忘れずに振込人名義を変更してください。どんな銀行でも振込をする時に自分の名前になっている振込人名を自由に変更できます。

これが重要なのですが、わかっていても忘れがちです。まぁお金が消えることはないので異常に心配することではありませんが。

入金の反映時間

銀行送金なので、まず入金したタイミングが銀行の営業時間かどうか確認してください。時間外なら次の日になるかもしれませんし、週末だったら無理ですし、同じりそな銀行からの入金だったらすぐに届くかもしれません。

XMは着金確認後1時間以内に口座に反映すると言っていますが、そもそも着金しているかが大事なので焦らずに待ちましょう。

それでも遅いと感じるようだったらサポートに聞いてみてください。もしかしたら振込人名義の変更を忘れてしまったかもしれません。

国内送金で入金した場合の出金方法

国内送金で入金した資金は海外送金による出金になります。国内送金での返金とはならないです。

XM銀行送金による出金銀行送金による出金はInternational Wire Transfer

例えばクレジットカードで入金した場合、入金した原資と利益分は分けて出金申請をしないといけません。利益分は銀行送金でしか出金できないルールだからです。

国内送金で入金していた場合、この面倒な手間を省くことができるのがメリットです。クレジットカードだったら自分がいくら入金したのかなどを把握しないとダメで間違って申請したらやり直しですから。

海外送金の場合は名前と住所も必要ですし、銀行口座の番号以外にも受取銀行の情報が必要で最初は戸惑うかもしれません。

【令和元年最新版】XMの出金のややこしいルール解説とお得に出金するための知識というページ内の銀行送金による出金手順を参考にしていただければ簡単に出金申請ができます

SticPay入金

2019年に入ってから追加されたSticPayは、Bitwalletの競合とも言えるサービスです。

ただ、Bitwalletに比べるとSticpayに入金したり出金したりする手数料がお高めです。(XMとのやり取りは無料です)

Sticpay国内入金と出金手数料

Sticpay→国内銀行出金が、Bitwalletだと824円なのに対して1.5%の上限なしというのはかなり高額。

Sticpay入金のメリットは?

最近めきめきとSticpay対応業者が増えていますが、Bitwalletと比べるとどうしても手数料が高くなってしまうので、どっちか迷った場合はBitwalletがいいと思います。何かのキッカケでSticpayを使ったならそれでいいでしょう。オンラインカジノにもよく使われていますし。

この場合、XM→Sticpayも無料なので高い手数料を払わずに済みますね。

Sticpayの入金方法

Sticpayのアカウントを開設してクレジットカード/デビットカードまたは国内送金でSticpayアカウントに入金します。

それからXMのマイページから登録メールアドレスと金額を指定して入金して完了です。

注意点はやっぱり手数料です。

Sticpay公式サイトの手数料一覧でも確認してほしいんですが、国内送金での入金は手数料が2%です。Bitwalletなら0.5%しかも今無料キャンペーンやってます…

Sticpayで入金した場合の出金方法

クレジットカード/デビットカードで入金した場合の出金方法とほぼ同じです。入金分はSticpayで出金して、利益分は銀行送金になります。

以前は利益分も出金できたんですけどね…

BXONEによる入金について

私は日本在住でないため入金画面にBXONEが表示されていません。そのため詳細がよくわからないのですが、BXONEというのは仮想通貨トレードを提供していて、さらに決済プロパイダーとしても営業しているようです。

外部リンク:BXONE公式サイト

しかし、BitwalletやSticpayとは比べ物にならない”怪しさ”があります。なんだこのサイトは?という感じです。

国内送金での入出金、仮想通貨での入出金を提供しているものの手数料が安いわけでもなく、XMでの利益分を出金できるわけではないので、予備としてXMが用意しているだけとしか思えないような存在です。高額資金をやり取りするのは私だったらちょっと怖いですね。

今のところあまり価値が見いだせません。

BXONEについては下記のサイトが詳しく解説しています。とても詳しく書かれているのでセカンドオピニオン的にもチェックしてみてください。

外部リンク:XMの入金方法まとめ|手数料や反映時間など、入金方法の選び方 R部

利益分の出金について

XMにおいて、利益分の出金ができるのは海外送金による銀行口座への出金だけです。

国内送金による入金以外では入金額と同額までしか出金できないようになっています。国内送金は元々海外送金でしか出金できません。

利益分の出金だけ入金方法と違う手段を使うというのは使い勝手が微妙に悪くなります。

海外送金で受け取った場合、安くても2500円は手数料が引かれ、最悪5000円以上かかることもあります。

現状、Bitwalletで利益分の出金ができないのはXMの問題っぽいので、なんなら他の業者を検討するのも良いかも知れません。Bitwalletで利益も出金できたら、Bitwalletから国内送金で出金するのに手数料はたった824円だからです。

この手数料を節約したい人は利益分をBitwalletで出金できる海外FX業者を検討してみてはどうでしょう?iFOREX、Tradeview、TitanFX、MyFX Marketsなどですね。

ボーナスについて

入金する方法でもらえるボーナスに差がつくことはないです。(たま~に特定の入金方法限定の100%ボーナスがありますが)

入金するとボーナスが自動的につきますが、ボーナスも注意事項が多いので下記ページをまだ見ていない方はぜひチェックしてください。ボーナスについて詳しく書いています。

特に出金するとボーナスの一部が失われるのでしっかりと把握しておきましょう。

XMのボーナスとは?
XMのボーナスについて初心者にもわかるように解説海外FX業者のXMTrading(以下XM)で提供されている2種類のボーナス、3000円口座開設ボーナスと入金ボーナスについて解説します...

出金について

出金についての解説は別のページで解説してるのでしっかりと読んでください。出金のことをしっかりと理解した上で入金するのが好ましいので。

XMの出金ルールを解説
【令和元年最新版】XMの出金のややこしいルール解説とお得に出金するための知識XMの公式サイトでは出金に関する説明が非常に少ないです。 以前は出金に関することを解説するページがあったものの今はなく、口座保有者...

XMでは利益分の出金が銀行送金でしかできなくなりました。これはとても不便なことなので下記ページを参考にしてください。

XMでビットウォレットを使って利益分を出せなくなったので引っ越しを考えよう
XMでBitwalletを使って利益分を出金できなくなったので引っ越しを考えよう 現在、XMの入出金にBitwalletを使うことはできますが利益分は出金できません。ルールが変更され、入金額と同額までしかBitwal...

XM関連の記事

ABOUT ME
アバター
ヨネダ メガネ
一度もマレーシアに行ったことがないのに移住した男。1986年生まれ。趣味投資。プロフィールのページで今投資しているものや使っているブローカーなど書いています。

POSTED COMMENT

  1. アバター より:

    xmはいい業者だけどau walletプリペイドマスターカードというプリペイドカードのキャッシュバックを一万円貰えたからこのプリペイドカードの一万円の電子マネーをxmのMT5口座へ入金しようとしたら何回やっても入金エラーになり入金できなかったです。。
    やむを得えず他の海外業者へクレジットカード入金欄より同じ方法でau walletプリペイドマスターカードで入金したら問題なく全額入金できました。。
    ただ入金できた業者は入金手数料を取られるので1500円は引かれましたが。。
    なぜxmだけ弾かれるのか、、やはり圧力のせいなのか。。

    au walletプリペイドマスターカードというマスターカードの場合出金がカードへできないから出金が利益でて出金する際の出金が心配なんだけど入金した海外業者は日本語サポートが同じくあるのでサポートに相談したら出金方法は臨機応変に変更できるんでしょうか?

    • アバター ヨネダ メガネ より:

      おそらくXMがブラックリストに入ってるせいで入金できなかったのでしょう。諦めるしかありません。
      そもそも決済に失敗することなんて普通ならめったにないことですからね。

      https://www.au.com/support/faq/view.k1463027877/
      auのサイトを見るとキャンセルはできるとありますが出金がカードにできないというのはどういう意味なんでしょうか?
      心配であれば問い合わせてみてください。あちらの指定する出金方法が必ずあるはずなので。その場合カードキャンセルか銀行送金かと思います。

      • アバター より:

        説明不足でした。
        au walletプリペイドマスターカードというカードはプリペイドカードの為、業者の口座からの出金はできるとは思いますが出金した資金を現金としては使えず電子マネーとしか使えないみたいな仕組みみたいです。なのでカードへの出金自体はできますがカードとしてしか使えなくなる恐れがおそらくあると言いたかったです。xmの場合カード入金した金額はそのカードへしか出金できないみたいな決りがあったように思ったので。。他の業者もそうなのかな?って思いました。

        • アバター ヨネダ メガネ より:

          原則、カードで入金するとキャンセル処理(そのカードへの出金)しかできません。これはアンチマネロンのためなのでどこの業者でも同じです。

  2. アバター やまだ より:

    はじめまして。
    XMの資金をi-accountに移したのですが、そこから出金できなくて困っています。
    ヨネダさんはi-accountから国内銀行口座に資金を移したことはありますか?
    記事内容とズレていて申し訳ないのですが、最新記事のためこちらに投稿させて頂きます。

    • アバター ヨネダ メガネ より:

      いえ、i-Accountは使ってません。正直メリットもわからないので…
      海外送金になるとは思いますが、銀行送金で出金できませんか?

      • アバター やまだ より:

        そうなんですね…。
        クレカで入金したはいいもののJCBだとXMから直接出金できないんですよね。
        で、何の疑いもなくi-account口座を作って資金移動したら、もう3ヶ月近く待たされています。問い合わせても遅延の理由を教えてくれないし…。
        もしi-accountについて情報があれば、ぜひ記事を書いて頂きたいです。ご検討頂けると嬉しいです。
        コメント失礼致しました。

        • アバター ヨネダ メガネ より:

          i-Accountは利用者が結構少ないようでツイッターでもあまり話を聞かないですね…
          JCBだとカードキャンセルによる出金ができないのですか?それは初耳です。
          XMにi-Accountの苦情を言ってみてはどうでしょう?XMには正直どうしようもないことですが、提携してるのは間違いないですしXMに知ってもらうことは決して無駄ではないかと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。