管理人
ヨネダ メガネ
一度もマレーシアに行ったことがないのに移住した男。1986年生まれ。趣味投資。詳細プロフィールはこちら
\ Follow me /
海外FX全般の記事

cTraderにサーバー側で動作するトレーリングストップが導入

2016年4月のcTraderのアップデートにより、cTraderを終了させてもトレーリングストップがサーバー側で動作するようになりました。単純な機能変更ではなく、利用方法も少し変更されたので使い方を簡単に紹介したいと思います。

次の画像のように 、今回の変更でこれまで別機能してあったトレーリングストップが損切り注文の機能と統合されました。

cTraderトレーリングストップ

このように損切り注文の下にトレーリングストップの項目が追加されているので、チェックを入れるだけで指定したレートを下限に利益方向にだけ追尾するようになります。

トレーリングストップの設定画面を出すにはポジションの変更を行う歯車アイコンをクリックします。

cTraderトレーリングストップ設定方法

しかし、これまでのトレーリングストップの特徴は、指定したレートに到達した際に自動的に発動する「トリガー機能」もありましたがこの変更で利用できなくなっています。

従来から存在する「アドバンス損切り機能」にはトリガー機能が残っているのでトリガー機能が必要な場合はこちらを利用することになりますが、逆にトレーリング機能がありません。

cTraderアドバンス損切り

個人的に私は常にVPSを利用しているので、従来の「起動していないと発動しない」というのはデメリットと感じていなかったため、今回の変更によりトリガー機能がなくなったことは逆に改悪だと感じます。

cTraderの使い方を解説しているページはこちら

そもそもcTraderってどういったものなのかについてはこちら

ABOUT ME
アバター
ヨネダ メガネ
一度もマレーシアに行ったことがないのに移住した男。1986年生まれ。趣味投資。詳細プロフィールはこちら
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。