管理人
ヨネダ メガネ
一度もマレーシアに行ったことがないのに移住した男。1986年生まれ。趣味投資。詳細プロフィールはこちら
\ Follow me /
海外FX全般の記事

ATFX – 海外FX業者解説

ATFX?聞き覚えのない人は多いと思いますが新しいFX業者のようです。軽く調べてみたので情報をまとめてみました。また、大丈夫な海外FX業者か?の判断基準などを参考にしてもらえればと思います。

なお筆者自身はまったく利用したことはなく、おすすめしているわけではなく客観的な情報提供を目的としています。

ATFXとはどんな業者?

初見ブローカーのサイトを見た時に、私が一番最初に見るところはページ一番下あたりです。

ATFX regulationsATFXの規制

ATFXは、ATFXはAT Global Markets Limitedの登録商標です(ATGM、登録番号24226 IBC 2017)。 ATGMはセントビンセント・グレナディーン諸島にある国際的な事業会社です。登録住所 : the Financial Services Centre, Stoney Ground, Kingstown, St.Vincent & the Grenadines

引用元:https://www.atfx.com/gm/jp/

ATFXはセントビンセントの業者であることがわかりました。たくさんの小規模な海外FX業者や仮想通貨取引所がセントビンセントで登記していて、XMのセーシェル、Axioryのベリーズ、TitanFXのバヌアツとかとあまり変わりがなく、まぁ平たく言えば規制は超弱いということです。

しかし、ATFXはイギリスFCAのライセンスを取得しています。

https://www.atfx.com/uk/en/

こちらのアドレスにアクセスするとイギリス向けのページが表示されます。イギリスではレバレッジが30倍までに制限されていますしスプレッドベッティングがあったりと結構違いがあります。

イギリスFCAは金融庁みたいなものですが、非常に厳しい規制で有名ですし顧客は投資家補償基金により最大8.5万ポンド(約1100万円!)まで補償されます。

これは日本でいう信託保全とはちょっと違うかもしれません。第三者による補償だからです。それに顧客の預かり資産はすべて分別管理されています。万が一のため、ということですね。

SEGREGATED CLIENT FUNDS
Client funds are held in segregated trust accounts with our custodian bank – Barclays Bank PLC.

As a retail client, your funds are held in segregated accounts, separate from our own funds. In the unlikely event of ATFX insolvency, segregated client funds cannot be used for reimbursement to ATFX creditors. AT Global Markets (UK) Limited is a member of the Financial Services Compensation Scheme (FSCS) and if we are unable to satisfy repayment claims, eligible claimants have the right to compensation by the Financial Services Compensation Scheme (FSCS) which covers eligible Investments up to £85,000 per person per firm. Further information regarding the purpose and role of the FSCS can be found on their website http://www.fscs.org.uk.

引用元:https://www.atfx.com/uk/en/your-funds-protected/

FCAのサイトで登録されている事業者のデータを閲覧することができます。そこでATFXを調べてみます。なぜなら嘘をついてサイトには適当なことを書いているかもしれませんからね。

https://register.fca.org.uk/ShPo_FirmDetailsPage?id=001b000003Wh27RAAR

するとちゃんとATFX(AT Global Markets (UK) Limited)が見つかります。

ATFX FCA registration

しかもウェブサイトの項目にあるドメインと私が見ていたサイトのドメインが一致しています。これにより偽サイトの可能性も排除されました。

イギリス認可というのは信頼性がある

先程も書いたとおりイギリスFCA認可を得るのは大変で、ぽっと出の詐欺業者が取るものではないです。お金も必要ですし。

グループ会社とはいえFCA認可というだけで、その辺のよくわからない新興業者と比べたら天と地ほどの差があります。

ただし、日本人が利用するのはセントビンセント法人でありイギリス法人ではありません

ということは8.5万ポンドの補償も受けられませんし、FCA認可である恩恵は一切ありません。ただブランドがちょっとよく見えるだけです。これはグループ会社がFCAライセンスを取っているだけという点でFxProやLand-FXでも同じです。

FCAライセンスがないよりはあるほうが信頼できるけど、なんでも信頼できるわけではないということ。

完璧に日本語対応

ATFXのサイトを見ると完璧な日本語ページが用意されています。しかも日本人しか使っていないBitwalletにも対応しているようです。

ATFX入出金ATFX入出金

これはすごく使いやすさを感じると思います。未確認ですがこのレベルだと日本語サポートも在籍しているのではないでしょうか。

口座タイプやスプレッドは?

サイトを見る限り複数口座があるようにも見えず、スプレッドもわかりません。手数料が無料なのは書かれていますが。

ATFX UKのページには細かく口座のことが書かれているのですが日本語のページは情報不足ですね。実際に口座を開かないといけないので面倒です。

ATFXは詐欺業者か?

第一印象で言えばFCAライセンスのおかげで詐欺業者の可能性は低いと判断できます。

なので新規開拓が好きな人にはいいと思います。しかしかなり慎重派の私はまだATFXを使う気になれません。

それは私の業者選定に「人柱にならない」というのがあるからです。

人柱にならないには5年以上は営業を続けている業者で、しっかりと評判が蓄積されてから利用するのです。

まだ利用者が少なくクチコミもないATFXを使うには早すぎるでしょう。他を駆逐するスプレッドや約定力があれば別ですが…

ATFXのキャンペーン

少し厳しめの判断をしましたが、新規顧客獲得のためのキャンペーンが2つ用意されています。まずはこれ目当てで使ってみるのもアリかもしれません。

100ドルのウェルカムクレジット

https://www.atfx.com/gm/jp/forex-deposit-bonus/

このキャンペーンは口座に200ドル以上入金して50ロットトレードすると100ドルがもらえるというものです。まぁこれはかなり難易度が高いです(笑)

あと、細かな期限もあるので要注意です。

リベートキャンペーン

https://www.atfx.com/gmo/jp/rebate-promotion/

こっちはいわゆるキャッシュバックで、入金額によって1ロットあたりもらえる金額が異なります。

ATFXキャッシュバックキャンペーン

1万ドル以上で5ドルなら単純に0.5ピップスに相当するので結構大きいですね。最大金額が設定されているのがネックですが。

外部リンク:ATFX公式サイト

まだまだメイン用に使うには早いですが、興味のある方は一度ご覧あれ。

ABOUT ME
アバター
ヨネダ メガネ
一度もマレーシアに行ったことがないのに移住した男。1986年生まれ。趣味投資。詳細プロフィールはこちら
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。