XMから1000万円を出金したので詳細を報告します

高額出金は可能なのか?という疑問を持つ人は多いので、実際に私が試してみました。ピッタリ1000万円ではなく、米ドル建てなので約1183万円くらいの出金になりました。

出金依頼から着金までの流れ

9月1日 11:00 出金申請

9月1日 22:45 出金確認メール到着

(2日と3日は週末)

9月7日 15:30 銀行に着金確認

こんな感じで出金から5営業日目で着金を確認できたので、金額の割には普通のスピードです。

XMの出金は早い

キプロスライセンスを持つXMは、規制強化により出金をその日の内に処理する必要があります。営業時間外なら次の営業日以内です。

ソースはCySEC(キプロス証券取引委員会)のサイトにあります。

https://www.cysec.gov.cy/CMSPages/GetFile.aspx?guid=8a41b640-9022-4986-b6d9-dff92c39888f

英語ですが、この書類の2ページにあるWithdrawal of funds (section 7, answer 1)の項目に、”CIFs must process the client’s request to withdraw funds on the same day“と書かれています。

実際には、日本人ユーザーはセーシェルライセンス下で口座を持っていますが、私の経験上コンプライアンスゆるくなっていません。要するに、セーシェルライセンスだからキプロスのルールは関係ないといった対応はしていないということです。

今回の出金でもこれが証明されたと言ってもいいでしょう。

SWIFTコピーで送金の確認

SWIFTコピーとは、SWIFT送金(海外送金)のレシートみたいなものです。

SWIFT copy from XM via SEPAGA

クリックで拡大できます

欲しい場合は普通にサポートに問い合わせればOKです。

今回は金額も大きいのでSWIFTコピーで詳細を確認してみました。するといろいろなことがわかりました。

ドルだったのにユーロになってる!?

米ドル口座から出金したのに着金したらユーロになっていました。

おそらく米ドルで高額送金するのが嫌だったのでしょう。米ドル送金は、アメリカの銀行を中継することになりますがアメリカの規制が厳しくなったせいで色々問題が出る可能性が高いです。

気になるのがユーロに換算したレートです。計算してみたら1.18249くらいなので特に問題はなさそうです。これで極悪レートだったら文句を言いたくなりますが。

まぁ米ドルか円に戻すなら手数料かかっちゃうけどね

なぜユーロになったかはXMに問い合わせてません。こういうよくわからない換金はないほうがいいに決まってますが、仕方がないと思いますし無事に届けば良しとするスタンスです。

なんで問い合わせないの?と思う人もいるかもしれませんが、理由があってユーロにしたはずでユーザーに不利益を被らせるためにやったわけではないと思っています。

金融関係企業の米ドルは本当に厳しくなっていて、FX業者だとAxioryの提携銀行も米ドルを扱えなくなりました。これはFX業者の問題ではなく世界的な銀行の問題なので仕方がないです。

ちなみに、SWIFTコピーにユーロで金額が記載されているということは、中継銀行や受取銀行でユーロになったのではなく最初からユーロであったと考えられます。

送金元がTrading Pointじゃない?

SWIFTコピーを見るとSEPAGA E.M.I LIMITEDが送金元になっていて、今回の書類にはXMの法人名であるTrading Pointの名前が一切書かれていません。

これについてXMに問い合わせてみると、顧客の利便性(資金を早く届けるため)のためにこういった決済業者などを利用している、という回答でした。

さらにSWIFTコピーを見ると、SEPAGA E.M.I LIMITEDはキプロスの会社で、利用する銀行はKBC BANK NVというベルギーの銀行のようです。正直こういった情報はなくても困りませんが、SWIFTコピーをもらうとこういう情報もわかるということを覚えておくといいかもしれません。

本当は、もっと詳細に書かれていたらこのKBC BANK NVが契約する中継銀行(Receiving Bank)もわかるんですが今回はわからないようです。

私の経験上だと、毎回SEPAGA E.M.I LIMITED経由で送金されるわけではなくTrading Point名義で送金されることもあるので、正直XM側の事情はわかりません。とにかく資金を届けるために誠実だとは思っています。

デメリットは、例えば銀行からSEPAGA E.M.I LIMITEDって何?と聞かれるとわからないとしか答えられません。ただ、それだとマズイのでXM(Trading Point)というFX業者からの出金であることを説明して、なぜそこを経由するかはXMの事情なのでわかりませんと答えればOKです。

今回かかった手数料は?

ユーロになっちゃったので厳密な手数料はわかりませんが、SWIFTコピーに記載されている金額が91100ユーロで、実際に銀行口座に反映された金額は91023ユーロでした。

受取銀行の手数料は確か10ユーロもなかったので、中継銀行に70ユーロくらい取られている計算になります。1万円弱って高いよ!!

ユーロだから高いというのはないと思うので、単純に中継するところが多かったか、金額が大きいせいか、のどちらかでしょう。銀行に聞けばどこを中継したのかわかると思いますがさすがにしんどいですね…

ちなみに、どこの銀行で受け取ったかはセキュリティのこともあるので非公開にさせていただきます。

どこの銀行で受け取るのがベストなのか?

これは多くの人が疑問に思っているようですが、正直どこでもいいと思いますし、中継銀行手数料のために新しく銀行口座の開設をする気合があるなら、住信SBIネット銀行かソニー銀行がいいと個人的に思います。新生銀行も良い銀行ですがXMからは出金できません。

覚えておいてほしいのが、今後も同じ中継銀行を経由して送金されるとは限りません。XMの提携銀行が変わるかもしれませんし、銀行の中継銀行契約先が変わるかもしれません。

これまで最安値だった銀行がそうじゃなくなるかもしれません。それが海外送金のデメリットです。ある程度は覚悟しないといけません。

銀行を変えて数千円の節約ができるかもしれませんが、出金する回数を減らして固定費を削ることも覚えておきましょう。海外送金は固定費が高いので何回もやるともったいないです。

今回、私が取られた手数料は結構高いですが、5回に分けて出金するよりかは安いはずですから。

メガネくん
実はこの出金報告を書くためにわざわざ残高が10万ドルを超えるようにしました。普段はもっとこまめに出金しているので、こんな高額出金は多分もうしませんw

こまめに出金して手数料を多く取られても、それはそれでいいと思っています。リスク回避にもなりますし、高額であればあるほど銀行にマネロンを疑われるかもしれないですし…

6 件のコメント

  • いつも楽しく拝見しております!

    にしても、かなり大金の出金ですね〜。

    自分もそれだけ大金を出金できるようにトレードに磨きをかけていきますよ!

    管理人さん、ムチャ勝ち組やないですか‼️

    これからも面白い記事期待しています。

    • 面白い記事はあまり得意ではありませんが…がんばります。コメントありがとうございます。

  • 初めまして、私もXMを利用してもうすぐ1年となります6万から初めてやっと最近10万弱儲かったので出金考えていた所このブログに出会いました。
    羨ましい額ですね(笑)こっちは10万稼いでお祭り状態です・・・
    ちなみに元手っていくらぐらいだったんでしょうか?

    • 元手は内緒で…利益を公開してもメリットはないんですが、少しでも高額出金について関心のある人のためになればと思い、今回レポートしてみました。
      少なくとも何十倍、何百倍になったということはありませんw

      • 返信ありがとうございます。
        ちなみに私の方もFX関連のブログをやっているのですがこちらの出金の内容を参考にしました
        という形でメガネさんのブログを紹介したいのですがよろしいでしょうか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    メガネくん

    30歳チョイのメガネをかけた男性。長年FXに関わったので、勝ち組トレーダーにはなっていないが知識と経験だけが蓄積されました。最近はビットコインなどの暗号通貨も扱っています。