なぜ海外FX業者は追証を請求しなくてもいいのか

海外FX業者は追証を請求しない、と初めて聞いた人は疑いを持つかもしれませんが、実際に多くの海外FX業者が追証を請求しません。なぜそういったことが可能か解説してみます。

追証とは

取引口座の残高以上の損失が発生し、マイナスになることを追証といいます。

追証なしの業者は、ゼロカットととも呼ばれていて、自動または手動で残高をゼロに戻す作業をしてくれるのでマイナス分を請求されません。

請求されなかった分は誰が負担しているのか

これはFX業者が負担します。先ほど、「何百万円の損でも」と書きましたが、実際にそのような高額のマイナス残高を出すのは逆に難しく、FX業者側もそういった大きな損失を出ないように対策をしています。

追証を請求しないFX業者はリスクの高いトレーダーに対してレバレッジ制限をしたりし、そもそもマイナスにならないようにリスク管理を徹底しているのです。

追証を請求しないのはノミ業者?

「STP業者=追証請求」とは限りませんし、「追証なし=ノミ業者」というわけでもありません。

中には完全なノミ業者もあり、そういった業者はトレーダーがマイナスになるほどの損失を出したということは逆に利益を出しているので痛くも痒くもありませんが、ノミ業者の反対であるSTP業者でも追証を請求しないのは多いです。

STPとはストレートスループロセッシングの略で、FX業者がトレーダーの注文を市場に直接流す決済方式のことを指します。STPではないということはFX業者が一旦トレーダーの注文を自社で処理し、他のトレーダーの注文と相殺(マリー)させるかまとまった量になったらカバー先に出すという処理の仕方をします。

しっかり利益を出しており、トレーダーが大きなマイナスにならないように日頃から対策をしていればノミ業者でなくても可能ということです。

日本国外のグローバルに活動しているFX業者は、その国だけでなく様々な国のトレーダーを受け入れているため、追証を取り立てることが大変難しいというのが追証なしの大きな理由ではないかと考えます。日本のブローカーでスイスフランショックによる追証分を取り立てるために個人投資家を相手に裁判をしているところもあるそうです。しかし、国境を超える裁判になると非常に難しいのは明白です。

追証はあると宣言するFX業者

特にSTP業者に多いのですが、「口座がマイナスになってもゼロに戻してくれますか?」と尋ねると、「いいえ」と答える業者もなかにはあります。

しかし、実際に取り立てと回収が可能かと考えるとやはり難しいでしょう。「いいえ」と答えることによりトレーダーに責任感を持った安全なトレードを促すという目的もあるのではないかと思います。

もし、そういった業者でマイナスになってしまっても、もう1回入金するのでリセットしてもらえないか、と交渉するのも1つの手です。実際に某オーストラリアの業者で、マーケットクローズ時にマイナー通貨のスプレッドが異常に広がって強制ロスカットされ数万円のマイナスになった口座を放置していたら勝手にゼロになっていたことがあります。その業者は「いいえ」と答えた業者です。

追証を請求されないことの大きなメリット

メリットは1つです。いきなり高額の借金を抱える心配がなくなることです。

最大損失額があらかじめ把握できるというのは大きなメリットです。

追証なしを利用した戦略

追証なしにより勝てるようになる、ということはありませんが、追証がないということは最大損失額は常に口座残高と等しくなります。海外FX業者はハイレバレッジを提供しているのでハイリスクハイリターンを狙うトレーダーも多いです。1万円から10万円ほどを口座に入れておき、なくなれば再度同額を入金し・・・を繰り返すことで一度に高額入金するよりリスクを簡単に抑えることができます。

しかし、取引ボーナスと追証なしを利用したアービトラージ(両建てやギャップを利用)はどこの業者も禁止なのでやめておきましょう。

下記ページでXMのボーナスについての禁止事項や注意事項を紹介しています。

XMの口座開設ボーナスと入金ボーナスキャンペーンを詳しく解説

スイスフランショックで追証請求なし

2015年1月15日に発生したスイスフランショックは、EURCHF(ユーロスイスフラン)が2000ピップス以上下落し、多くの業者でストップロス注文が機能しませんでした。

多くの業者が損失を出し、中には破綻してしまった業者もありました。しかし、殆どの業者は追証を請求せず、FXCM UKも一夜にして250億円以上の損失を出しましたがトレーダーに請求はしませんでした。(回収できると考えていないのでしょう)

FXDDとExcel Marketsで起こったこと

FXDDはスイスフランショックで破綻はしませんでしたが、Excel MarketsはアルパリUKと同じくスイスフランショックが原因で破綻してしまいました。

この両業者で起こったことは、複数口座を保有するトレーダーに対し別の口座のマイナス分を補填するために追証が発生していない口座から資金を勝手に徴収したことです。

例えば口座Aがマイナス10万円となってしまったが、口座Bは無傷で残高が20万円。この状況で口座Bから10万円を強制的に引き出すといった感じです。

こういったことが起こったのは事実ですが、これはかなり稀なケースで、普通は同じ業者内の別口座であればマイナス分をカバーする必要はありませんし、そういった強引な回収方法は他に聞いたことがありません。

Excel Marketsは破綻、FXDDは2014年にアメリカから撤退しFXCMに顧客を売却したりということがあったので、おそらく経営に苦しんだ末の対応だったのでしょう。

今後同じことが起こらないとは言い切れません。2つ以上のブローカーに分散して投資するのが効果的だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。