Axioryの新しい国内入金と出金方法Curfexとは?

Axioryでビットウォレットが使えなくなってからスティックペイに対応したり代替手段を用意していますが、日本国内送金での入出金に対応するために新たにCurfexという業者との提携をスタートさせたようです。

このCurfexを使った入出金について情報をまとめます。

Curfexはどんな業者?

公式サイトはこちらです。

https://www.curfex.com/

サイトの作りはそこまで作り込まれておらず最低限しかないように見えます。

それはさておき、会社は香港の会社ですが日本の資金移動業者として関東財務局に登録されています。

これまた新しいパターンです。PayPalのようなものです。

ちなみにビットウォレットは資金移動業者として登録されていないシンガポールの業者です。

資金移動業者として一定の信頼はあるが…

その影響なのか、Curfexを使うには登録と本人確認が必要になります。

これはちょっと面倒かも…でも一度登録したら国内入出金が使えるようになるのは確かです。

ビットウォレットとの違い

仮想通貨に対応していないとかは置いておき、Axiory以外の業者に対応していないことがまず大きいでしょう。Axiory専用です。

Curfex経由で出金するにはCurfexで入金する必要がある

Axioryの基本ルールですが、その経路で出金するにはあらかじめ入金した履歴が必要です。

ビットウォレットでもスティックペイでも、ビットコインでも同じです。

言い換えると少額でも入金さえしていればCurfexで出金できます。今ある口座の資金(仮に10万円とする)をCurfexで出金したいなら、Curfexで1000円でも入金すればいいのです。(ただしクレジットカードで入金したお金は無理です)

Curfex入出金の手数料

基本的に無料と考えていいでしょう。

引用元:https://www.axiory.com/jp/2019/3331/

ただし2万円未満の入出金はAxioryが1500円の手数料を取ってしまいます。

あとCurfexに入金するときの自分の送金手数料は自己負担になりますね。国内送金なので数百円で済みますが。

登録方法

Curfexの登録はAxioryの入金ページから国内銀行送金 by Curfexというのを選択して申込みをします。

すると次のようなメールが届くのでそこから登録作業をします。

Curfex側に本人確認手続きを行うと振込先の銀行口座が送られてくるので、そこに送金して入金手続き完了となります。

ちなみに法人でも登録可能だそうです。

Axioryの今後の入出金方法

ビットウォレット騒動がありましたが、海外送金はもちろん、クレジットカード、スティックペイそして今回紹介したCurfexによる国内入出金がメインとなるでしょう。

とりあえずの入出金経路の準備は非常にスピーディーだと思います。ビットウォレットの提携終了が2月末でしたからね。

まぁだいぶAxioryから人離れてしまったかもしれないけど(笑)

まだ使ってる人はぜひ。

ビットウォレットとの騒動について詳しくはこちらの記事で。

4 件のコメント

  • サービス開始初日だったことや振込時間にもよるとは思いますが、反映に1営業日かかりました。
    ちなみに楽天、みずほ、ジャパンネット銀行が振込先として選べます。

    • 情報ありがとうございます。
      1営業日であれば妥当かなと思います。振込先もすごい多いですね。

    • 聞いたことないですね。基本ボーナスを提供するタイプではないので出金のトラブルは少なくなりますし。
      ただ、多少なりとも出金に関する過去のトラブルについて言われることがあるので、それに関しては知っておいて損はないと思います。
      下記ページで解説してるのでぜひ参考にしてください。
      http://fxsear.ch/axiory-withdrawal-issue/

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。