メガネくん 1986年生まれの男。今はブログ書きながら投資生活してます。主な現場はFXと仮想通貨です。長期投資のほうが好きなので短期トレードは趣味程度。詳しいプロフィールはこちらから。

バンクエラ、スペクトロコインってどんなん?

バンクエラとスペクトロコインに興味が湧いたので調べてみました。そのまとめをここで紹介します。

私がバンクエラに興味を持ったのはTenXと似ているからです。

TenXは私が投資している仮想通貨関連の唯一の会社です(トークンを買ってるだけですがw)

どういった点がTenXと似ているかと言うと、仮想通貨デビットカードを発行してトークンホルダーに対して配当を出しているという点。

ちなみに私はバンクエラに将来性を感じていて投資をしたいというわけではなく、本当に単純にTenXを知るために他の企業も勉強したいなと思ったからです。

トークンを購入しようとは思っていますがおそらく数万円、数十万円分といった必要な分しか購入する予定はないです。

バンクエラとは

バンクエラは仮想通貨の銀行を目指しているとのこと。日本語に対応していてガッツリ日本人を取り込んでいます。

https://bankera.com/index-ja.html

銀行といっても客から仮想通貨を預かって保管するサービスではなく色々なことをやっていくでしょう。

普通の銀行も預金口座だけを提供しているわけじゃないですからね。

2018年4月上旬時点ではバンクエラは基本的にサービスを何も提供していません。

どういうことかというと、バンクエラはスペクトロコインと言う別ブランドでまずサービスを提供しています。

あと、2018年3月にトークンセールが終わったばっかりみたいです。めっちゃ長期間トークンセールをしていたようですけど詳しいことは知りません。

またそのトークンセールで販売したbnkトークンはどこの取引所でも取り扱われておらず、近々Hitbtcに上場をする予定だそうです。それまで購入するのは難しそう。

こういう感じなので、バンクエラ公式サイトで紹介されているウォレットサービスやカードサービスなどは後々スペクトロコインを受け継ぐのだと思われます。

後は2018年Q2(4月から6月)に取引所を開設する予定だそうで現在はデモ版だけ見ることができます。

Bankera eXchange

デモ版を見てみるとまあ普通の取引所でアルトコイン取引所と違ってフィアット建ての通貨ペアがあります。ロードマップによるとネムのモザイクにも対応するとのこと。

他にはコインチェックやビットフライヤーもやっているペイメントプロセッサー事業もやっていく予定らしく、これはお店に対してオンラインまたはオフラインで支払いを受けることができる機能を提供するものです。

例えばビットフライヤーがビックカメラに対して提供しているビットコイン支払いと同じですね。

スペクトロコインについて

SpectroCoin

https://spectrocoin.com/ja/

スペクトロコインを一言で言うとウォレットサービスです。コインってついてますが仮想通貨ではありません。

単純に仮想通貨を扱うためのウォレットだけでなく、フィアットで仮想通貨を購入したり仮想通貨同士を交換する機能があります。

TenXもそうですが銀行を目指してE-Moneyライセンスや銀行ライセンスを取得するというのはフィアットを扱えるようにするためです。

バンクエラも同じなのでスペクトロコインでは銀行送金、クレジット/デビットカード、Eマネーを使用してフィアットをウォレットに入金することができます。

一応日本人でも入金はできますが、今はEUがメインのターゲットっぽいのと手数料が非常に高いので今ところは仮想通貨で入金したほうが良さそう。だって平気で5%ぐらいの手数料がかかります。

入出金手数料
https://spectrocoin.com/ja/fees-and-limits.html

スペクトロコインに対応している仮想通貨

スペクトロコイン対応通貨

スペクトロコインが対応している仮想通貨はビットコイン、イーサリアム、ネム、ダッシュなど30種類以上です。めっちゃマイナーなコインもあります。

けど、このうちウォレット内交換に対応しているのはビットコイン、イーサリアム、ネム、ダッシュだけ。

他の30種類以上のアルトコインはウォレットには非対応で入金することはできてもビットコイン、イーサリアム、ダッシュに両替が必要です。DOGEコインでビットコインを買うようなもんです。

スペクトロコインのプリペイドカード

TenXと同じくウォレットに連携するプリペイドカードはまだ使えません。

現時点でサイトを見る限りスペクトロコインのプリペイドカードは、利用ごとにウォレットから差し引かれるタイプではなく事前に指定した金額をフィアットに両替するタイプのプリペイドカードです。

カードの対応通貨はドル、ユーロ、ポンドとなっているので日本で使うなら毎回為替手数料の3%が引かれることになり結構痛いです。

TenXのカードはウォレットに仮想通貨を入れておくとカードの利用のたびにウォレットから引いてくれるタイプで両替手数料もゼロです。

TenXのカードが優れていると言いたいわけではなくほとんどの人は日本円で仮想通貨を買っている現状から、スペクトロコインのカードを使うと日本でドルを使って買い物をするようなもので非効率的です。それを上回るメリットがないと現状は厳しいと言う個人的意見なので、仮想通貨デビットカードが欲しい人はよく考えましょう。

仮想通貨を使うために日本円からドルに両替して使うなんて本末転倒です。

試しにスペクトロコインを使ってみた

現在ビットコイン、イーサリアム、ネム、ダッシュの入出金に対応しているので、試しにビットコインで入金して、それをイーサリアムに両替して出金してみましたが特に問題はありませんでした。

TenXは将来、ウォレット内でフィアットを使って仮想通貨を購入したり仮想通貨同士を交換したりする機能を追加する予定ですが、スペクトロコインは一歩先を行っている感じです。

ただし、なぜかアプリでは出金方法がビットコインだけっぽくイーサリアムの出金はWebからやりました。

スペクトロコイン出金オプション

スペクトロコインを使う理由は?

現状急いでスペクトロコインを使う必要はないと思います。特別メリットはありません。

っていうと即利用価値のあるプロダクトなんて仮想通貨界にないかもしれませんねw

ただバンクエラは銀行のような総合的なサービスを目指しているのでそのうち使うことに大きなメリットが生まれるかもしれませんね。

だって今は仮想通貨の保管とウォレット内での交換が可能ですが、ほとんどの人が国内の仮想通貨取引所でやっていることなのでわざわざ移動する必要もありません。

BNKトークンの配当について

個人的にバンクエラで最も注目しているのはトークンホルダーに対して週に一回配当を払っていることです。

配当額はバンクエラとスペクトロコイン全てのサービスにおける売上の20%を分配するという感じです。

なぜ興味があるかと言うとTenXもトークンホルダーに対して配当を払う予定ですが、2017年6月のICO以降まだ一度も支払っていないからです。

TenXが配当を払っていない理由は配当を払うことが現状法律に触れる可能性がかなり高いからです。

法律に触れるということは後々大きな問題になってしまい会社の存続に関わってくる問題です。

ビットコインと違ってTenXやバンクエラのトークンは発行元が存在するコインです。

なので発行元が潰れるということはトークンが無価値になることを意味します。

株式会社が発行する株でも倒産して無価値になる可能性はありますが、現時点で仮想通貨のトークンが発行元の破綻によって無価値になる確率は株式会社のそれより圧倒的に高いと思っています。

だからTenXは慎重に法的に問題がないかをクリアにするため100%安全になるまで配当は支払わないと明言しています。

まぁ一言で言うと、私はバンクエラがこれからどういうトラブルに巻き込まれるかが気になるということですw

ラッキーなことに将来何のトラブルもないかもしれませんがトークンホルダーとしては法的リスクはやっぱり回避してほしいですね。

さああなたはTenXとバンクエラどちらがお好みでしょうか?