ヨネダ メガネ 一度もマレーシアに行ったことがないのに移住する男。自称投資家のほぼ無職人間。 移住関係、投資関係、特に仮想通貨に興味津々です。詳しいプロフィールはこちらから。

10月1週目 気になったツイートまとめ

10月に入りました!気になったツイートまとめます。

お?一度ゼロになったボーナスが復活したんですかね。僕も正直条件は知りませんが、XMの裁量判断でボーナス枠は復活することがあるんですよね。

こういった「ウマい話」はあまり期待しないほうがいいです。どれくらいウマいかによりますけど、ウマすぎたら疑ったほうがいいです。

というのも、最近TradeviewでBTCUSDのロングスワップがめっちゃプラスになってたんです。1ロットあたり70何ドルとか。

普段はどっちもマイナス10ドルくらいの超マイナススワップですよ。

それで、たまたまロングポジションを放置してたので実際に2日分くらいプラススワップが付与されてるのに気づいたんです。

なので全力ロングしようと資金移動したらもう元に戻ってましたw

まぁ要するにミスであるとかそういうことが多いですよ、ということです。

IFC Marketsは長年日本人ユーザーが多い海外FX業者で、特徴は商品数なんですよね。

アメリカ株はもちろん、日本株などめちゃくちゃ色んな国の株CFDトレードができます。多すぎてビビリます。

IFC Marketsトレードできる商品一覧:https://www.ifcmarkets.com/ja/trading

最近はビットコイン先物も追加されたみたいですね。

なんでこんなに多いの?って思うくらいですよ。

あらら。おそらく直接海外FX業者へ入金しようとして止められたと思うので、bitwallet経由で入金すれば大丈夫だと思います。

bitwallet partners

これ以外の業者も載っているので興味のある方は公式サイトをチェックして使ってみましょう。

bitwalletとは?何ができてどれくらい便利なのか解説

DD(ディーリングデスク)方式を嫌うなら業者選択もそうですけど、プラットフォーム選びも大事だと思います。

プラットフォームとはMT4とかのトレードするソフトウェアのことです。

MT4はDD用に作られているのでDD方式を避けるならMT4を避けてcTraderを使ったほうがいいです。

Axiory、TitanFX、TradeviewのうちcTraderを使えるのはAxioryとTradeviewです。

私は個人的にこのどちらも良い業者と思いますよ。スプレッドも狭く手数料も安いです。

cTraderの機能や特徴を初心者向けに解説

時間経過で凍結されたのであれば口座はまた作れます。

ただし、再度本人確認書類の提出が必要になると思うので用意しておきましょう。不正行為で凍結されたらムリです。

cTraderユーザーが増えると個人的に嬉しいです。

週末、FXができなくて暇な人は仮想通貨触るといいと思いますよ。365日いつでもできます。

けど休息がなくなるので気をつけましょう。

私は絶対カード入金しない派なんですけど、こういうのが起きる可能性があるのが面倒なんですよね~。

わかりますね~。ひとつの業者にずっと留まる人って相当少ないと思います。大負けしたときとか引っ越ししたくなるw

まぁ日本時間朝8時台だから流動性がないんですかね。その時間見たことないですわ。(寝てる)

あとはAxioryが契約してる流動性供給元(LP)の数によるかと。

制限あるところだとだいたい4ピップスとかですね。

こういう比較いいですね。ご苦労さまです。

今週の一言

“海外FX業者のボーナスは、稼ぐチャンスではない”

ここを間違えてブッコミ過ぎないように…

今週はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。