チャートに不満があるならトレーディングビューを試してみよう

優秀なチャートソフトを探している人はもちろんですが、チャートを見るためだけにMT4を使っている人はぜひトレーディングビューを試してほしいです。使ってみるとわかりますが、MT4が優秀だと言われていた時代はもう古いです。

公式サイト:https://jp.tradingview.com/

まずは触ってみよう!

銘柄の切り替え、チャートへの書き込み、インジケーターの表示や時間足の変更など、登録して使える機能をほとんどをここで試すことができます。



埋め込みではなくフルスクリーンで触りたい人はこちらから開くことができます。

スマホアプリ


アプリはiOSのみです。Androidユーザーはブラウザからアクセスしましょう。

https://jp.tradingview.com/

PCと2台で使う場合、同時利用できる端末は有料プランのプロ+以上でないと1台のみです。しかし同時にアクセスしても、利用していないもう片方は操作できないだけです。ほとんどの人は1台縛りでも困らないでしょう。

日本人にとっての使いやすさ

まず日本語対応は99%完璧だと言えます。一部の説明書のみ翻訳されていないので、複雑な機能を理解するのに苦労するかもしれません。

さらに日本株にも対応しているので、決して海外FXユーザーだけがターゲットではありません。

トレーディングビューのコンテンツ

コンテンツは大きくわけて3つあります。

アイデア

トレーディングビューのアイデアのページ

アイデアとは、ユーザーが相場の予想や分析を投稿しシェアする場です。特徴的なのは、投稿したアイデアは削除することができなかったり、トレーディングビューのチャートシステムを使うので、相場がその後どう動いたかを簡単に見ることができる点です。

トレーディングビューアイデア

スクリプト

トレーディングビューのスクリプトのページ

スクリプトとは、MT4でいうEAやカスタムインジケーターにあたるトレーディングビューの機能です。MT4の場合、スマホだけではEAなどを動かせませんが、トレーディングビューはクラウド上で動作させるためインストールなど必要ありません。

公開されているものであれば、チャートから検索して選択するだけでチャートに貼り付けることができるので、良さそうなものがあれば利用してみましょう。

チャート

一番目玉のコンテンツです。まずはチャートを開いた時のページを画像で見てください。

トレーディングビューのチャート

凄まじい情報量!

実際にチャートを開きたい方はこちらから。登録せずに利用できます。

肝心のチャートの細かい機能は、あまりにも多機能なのですべてを紹介できません。しかし、MT4と比べても高機能なので、よほどマニアックでない限り思いつくような機能はあると思って問題ありません。

初めてチャートを開いたら、いろいろ教えてもらえるのでヘルプ機能を使ってみてください。画面右下から表示できます。

トレーディングビューヘルプツアー

便利なチャート機能と使い方

個人的にすごいと思った機能をピックアップして紹介します。

四則演算が使える

例えば、ある企業の株価と別の企業の株価を足したり引いたりした結果のチャートを表示できます。使い方は簡単なのですが、私には使いみちがまだわかっていません…

トレーディングビュー チャートに四則演算

この式だと意味はありませんが表示は可能です。「1/」はチャートを逆さまに表示できます。

比較チャート

2つ以上の銘柄を1つのチャートに表示して比較する機能です。

日経225をダウとS&P500と比較

日経225のチャートにダウとS&P500のチャートを表示したもの。全然スケールが異なるものでも自動的に見やすく表示される。

ファンダメンタルのインジケーター

これも通貨には関係ありませんが、企業の売上などの情報をチャートに表示できる機能です。残念ながら日本株には対応してなさそうなのですが、企業の業績が簡単に組み込まれるってすごいですよね。

トレーディングビューでファンダメンタルをチャートに表示

アラート

MT4と比較しても、より複雑なアラートを設定できます。

トレーディングビューのアラート

SMS通知は有料プラン限定ですが、その他は無料プランでも利用できます。

株価スクリーナー

各国の株式の検索を行える機能です。

トレーディングビューの株価スクリーナー

無料でも使えるのでお試しあれ。

トレーディングビューのスクリーナー

対応銘柄

これまで紹介したとおり、FXだけでなく、日本を含む世界各国の株式や暗号通貨、先物やインデックスにも対応しており、かなりの量となっています。

トレーディングビューの対応取引所

取引所ごとなので、違う取引所の同じ銘柄を比較することも可能。

有料会員の価格と特典

有料プランは安い順に、プロ、プロ+、プレミアムの3つがあります。比較表は公式サイトをご覧ください。

トレーディングビューの有料プランの機能と比較

トレーディングビューの料金比較

注意点として、表示されている最安値の価格は2年分をまとめて支払った場合の月額料金です。1ヶ月払いと2年一括払いを比較すると1.5倍も差があります。安いけど一気に2年分払う必要があるプランと、高いけど一気に払う必要がないプランということですね。

まずは無料会員で利用して、無料だと不便だなと感じてからアップグレードする、というので問題ないでしょう。

30日間無料で有料プランを利用できるので、積極的にアップグレードして、いらないようなら請求前に無料プランに戻せばOKです。

他のサービスでも利用されるトレーディングビュー

トレーディングビューはチャート機能を他社に提供もしているので、例えば私が利用している暗号通貨取引所のBitfinexもトレーディングビューの機能を利用しています。微妙なレベルのチャートを提供されるより断然いいですし、使い慣れているとさらに嬉しいです。

Bitfinexで使用されているTradingviewのチャート機能

BitfinexのチャートにはCharts by TradingViewの文字が

Tradeviewと間違えやすい

最近私が利用し始めた海外FX業者のTradeview Markets(https://www.tradeviewforex.com/)と今回紹介したトレーディングビュー(https://tradingview.com/)の名称が似ています。似ているだけで両者に全く関係はありません。

たまにtradeview.comというアドレス(何もない)を入力してしまうほど、ややこしいです。間違えないように気をつけましょう。

メガネくん

トレーディングビューの魅力やその機能を紹介したいと思いこのページを作りましたが、自分で扱いきれないほどの高機能なので苦労しました。それでも不足感があるくらいです。興味を持った方は実際に使ってみてください。使わないとわからないことが多いです。

今後も私は、ツイッターなどでチャートをシェアするときは基本的にトレーディングビューのチャートを使っていく予定です。

リンク:トレーディングビューの公式サイト

4 件のコメント

  • 今日までしらんかった
    MT4卒業するのはなんだかなあ
    あっき~さんが利用してるらしいから
    試す価値はあるんかな~

    • やはり人それぞれなので、MT4から乗り換える必要がない人ももちろんいますが、試す価値はありますよ。

  • チャートの右下に選択した通貨の国旗のマークが表示されるのですがマークの意味は何ですか?

    また、国旗のマークを消す事はできますか?

    • 指標などの予定されているイベントですね。
      国旗を右クリックして非表示にすればOKです。ただし、少し触ってみましたが再表示の方法がわかりませんでしたw

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    メガネくん

    30歳チョイのメガネをかけた男性。長年FXに関わったので、勝ち組トレーダーにはなっていないが知識と経験だけが蓄積されました。最近はビットコインなどの暗号通貨も扱っています。