Tradeviewにビットコインで入金する手順解説

Tradeview Marketsという海外FX業者が、ビットコインで入出金ができるというのを知ったので口座を開設してみました。しかし思ったより大変だったので、その手順を画像付きで解説していきます。

Tradeview公式サイト

Tradeviewの口座開設は済んでいる状態

Tradeviewの取引口座の開設方法は省略します。日本語ページが用意されているので難しくはないでしょう。日本語サポートが連絡してきてくれます。

ビットコイン入出金受付の仕組み

Tradeviewは、UpholdまたはOKPay、Ecopayzというサービスを利用してビットコイン入出金を受け付けています。しかしネッテラーなどの電子マネーサービスを利用したことがあれば理解は早いでしょう。仕組みは同じです。このページではUpholdを利用した入金手順紹介します。

必要な本人確認書類

Upholdに提出する書類は2種類、先に用意しておきましょう。

必要なのは、写真付きの身分証明(パスポート・免許・マイナンバーなど日本語でOK)と自分の顔写真です。顔写真を提出するのは非常に珍しいですが、スマホで自撮りしてアップロードするだけです。

Uphold登録

Upholdのサイトから直接開設してもOKですし、Tradeviewの入金ページにあるUpholdのリンクから公式サイトへ行ってもいいでしょう。私はTradeview経由で開設しました。

矢印のClick hereをクリック。

Upholdの登録画面が表示されます。必要であればページ右上の地球儀マークから日本語に切り替えてください。

入力したアドレスにメールが届くのでリンク(Get started)をクリックします。

簡単な個人情報入力。すべて英語で記入しておきましょう。

これで登録は完了です。Uphold会員ページにログインしてください。

登録の過程で、二段階認証の登録を求められます。スクリーンショットの撮影を逃してしまったため、このページでは省略させていただいています。

Uphold本人確認

ログイン後最初の画面はダッシュボードというページです。正式メンバーになる、をクリックして本人確認手続きに移ります。

詳細な住所を入力します。ここも英語で入力しましょう。

書類のアップロードです。アップロードする書類の発行国を選びます。

Start Verificationをクリック。

左から、パスポート、ID(マイナンバーや住基カード)、運転免許証です。アップロードするものを選んでください。

すでにPC内にファイルがあるならUpload existing imageをクリックします。ない場合は、緑のボタンをクリックしてウェブカメラで撮影もできます。

Choose fileから書類を選択。

次に顔写真のアップロードです。同じくPCからファイルを選択。

Confirmボタンをクリックしてメールが届くのを待ちます。

しばらくして完了メールが届いたら本人確認完了です。

Upholdに入金

ダッシュボードのBTC Cardを選択します。このカードというのはマルチ通貨の財布みたいなものです。

Bitcoin Networkを選択。その他にもイーサリアムとライトコインにも対応しています。

入金先のアドレスとQRコードが表示されるのでビットコインを送金してください。

しばらくするとメールが届くので入金が反映されているのを確認してください。

Tradeviewに入金

最後にUpholdからTradeviewへの移動です。Tradeview公式サイトの入金ページへ行きUpholdを選択します。

ページ左のClick Hereをクリック。

Upholdアカウントにログインします。

先ほどビットコインでUpholdアカウントに入金しておいたのでBTC Cardが表示されます。

今回は1.1ビットコインを入金したので、Bit Coin=1.1と表示されており、Upholdの為替レートでの日本円相当額が127,465円です。

PayボタンをクリックするとTradeview口座に入金する金額を指定します。

このようにビットコインのまま送金しても、自動的にTradeviewの口座の通貨に両替されるので特に何もする必要はありません。

確認メールが届いたらすべて終了です。あとはTradeview側の対応を待ちます。

入金反映スピード

Upholdからの入金やcTrader口座への入金は、当日中に処理されますが自動で行われていないので週末などは反映されません。APIはあるのですが、どうやら規制の問題で人の目で確認してから入金反映する必要があるようで、瞬間的に反映されることに慣れていると遅く感じるかもしれません。待ちましょう。

最初は戸惑うが、慣れると問題なし

全体的にシステム化されていない印象があります。入金するのにログインしない、入金先口座も指定しないなど、わからないことが多かったです。

入金先口座の指定はUpholdの仕様によるものなので、カード入金等の場合は口座を指定することができるそうです。システム上ではUpholdからの入金はまずMT4口座に反映されますが、cTrader口座しか開設していない場合はTradeview側が勝手に資金移動してくれるそうです。MT4とcTraderの両方を持っている場合、問い合わせて入金先を指定しておくか、メールでサポートが確認しますと言っていました。

ビットコインで入出金できてcTraderも使える

私はcTrader自体の使いやすさやメリットはすでに理解していました。しかし同じECN、同じcTraderでもスプレッドには違いが出ます。Tradeviewのスプレッドは非常に優秀で満足しています。

口座開設や入出金は頻繁に行うものではないので、多少ストレスがあってもトレード環境が良ければ満足できます。

TradeviewはEcopayzやOKPayにも対応しているので、すでに利用したことがある人は今回紹介したUpholdではなく、そちらを使っても良いでしょう。ただし、ビットコインで入金するならビットコインでも出金できるかを確認した方がいいです。Upholdはビットコインで出金もできますが、できないと最大限メリットを活かせないからです。

13 件のコメント

  • はじめまして。Nobuと申します。この記事が大変参考になりましたが、少しトラブルがあったので相談させてください。Upholdのアカウントにビットコインを送ったところ、勝手にJPYに両替されているようで、BTCカードはOの表示で、BALANCE(ただし、AVAILABLEではなくPENDING)のところにJPYで表示されています。これは、再びビットコインに戻さないと、Tradeviewには入金できないのでしょうか?ちなみにTradeviewはUSD口座です。
    もしよろしければアドバイスいただけませんか?よろしくお願いします。

    • Pendingなのでビットコイン残高はゼロで問題ないかと思います。承認されると残高に反映され、両替はされないはずです。
      そのままビットコインでTradeviewに送金すれば、Tradeview側で両替してくれます。
      円換算で表示されるのは、いろいろな通貨で残高があってもわかりやすいようにということでしょう。

  • はじめまして。
    とても参考になる記事ありがとうございます。

    出金について質問があるのですが、利益分についてもビットコインでできるのでしょうか?

    お時間ございましたら、宜しくお願いいたします。

    • 素人の意見として参考程度にしてほしい、と前置きをさせていただきます。詳しくは税務署や国税局、税理士などに相談するのが確実だからです。
      まず、質問内容を上記の人たちに相談すれば「申告しろ」と言われるでしょう。
      Tradeviewなら法定通貨建ての口座なので取引履歴を提出するのは簡単ですからね。
      ビットコインで入出金しようが、さほど関係ないでしょう。

      FXOpenのようにビットコインで入出金できて、口座の通貨もビットコインを選択できるFX業者なら、税金を心配する必要は限りなくゼロに近いでしょう。
      ビットコインなどの仮想通貨を法定通貨にした時の売却益に課税されるのは確実ですが、逆に法定通貨に戻さなければ課税するには自己申告に頼るしかないと言えるのが現状です。

      税金に関しては難しい質問なのですいません。これくらいでご勘弁を。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    メガネくん

    30歳チョイのメガネをかけた男性。長年FXに関わったので、勝ち組トレーダーにはなっていないが知識と経験だけが蓄積されました。最近はビットコインなどの暗号通貨も扱っています。