メガネくん 1986年生まれの男。今はブログ書きながら投資生活してます。主な現場はFXと仮想通貨です。長期投資のほうが好きなので短期トレードは趣味程度。詳しいプロフィールはこちらから。

ビットコイン用デビットカードはTenXが最強!

マスターカードやVISAカードを使って、日常で簡単に仮想通貨を使えるようになると便利ですよね〜。直接仮想通貨を店頭決済するのはそんなに便利じゃないですし…そこでオススメしたいのがTenXです。

https://www.tenx.tech/

TenXカードの特徴

  • 為替手数料が0%
  • ビットコイン以外の仮想通貨にも対応
  • 利用額の0.1%の還元

ビットコインデビットカードってだけで貴重なのですが、さらにメリット盛り沢山です。

為替手数料ゼロ

同じビットコインデビットカードを比較しても、為替手数料がゼロというのはおそらくないでしょう。まずこの点が最強である理由の1つです。

TenXは単純にカードを提供するだけでなく、銀行ライセンスの取得や仮想通貨同士の簡単な交換を可能にするプラットフォームの開発を行っていることからこういったことが可能だと思われます。

いろいろな仮想通貨に対応

TenXのウォレットにBTC、LTC、ETHが追加

2018年4月時点でライトコインとイーサリアムも追加されて全3種類に対応しています。

ちなみにTenXカードはチャージ式ではなく、カード決済時に自動的にウォレットから相当額の仮想通貨が引かれるタイプです。

他のウォレットアプリに比べるとアルトコインの追加が遅いんですが、それはカードと繋げるための作業が裏であるからなので許してやってください。その代わりウォレットに追加したのにカード決済に使えないということはないです。

利用額に応じた還元

クレジットカードではポイント還元がありますが、TenXカードでも同じように還元があり、利用額の0.1%となっています。

クレジットカードと比べると少ないように思えますが、TenXの場合は0.1%分をTenXのPAYトークンで還元を行います。

もちろんそのPAYトークンを取引所で売却してもいいですし、PAYトークンを保有しているとさらに報酬をもらえるので持っていてもOKです。

カードの手数料と限度額

カード手数料一覧です。

プラスチックカード発行手数料(配送料込) USD 15
バーチャルカード発行手数料 USD 1.5
カード年間手数料 USD 10(年間USD1000以上の利用で無料)
為替手数料 0%
ATM手数料 EUR 2.75(ATMによっては追加手数料あり)

カード利用限度額です。認証レベル1は体験版みたいなもんです。

認証レベル1 認証レベル2
ショッピング1回の限度額 2500ユーロ 1万ユーロ
1日の利用限度額 2500ユーロ 2万ユーロ
生涯の限度額 2500ユーロ 制限なし

ATM引き出し限度額

認証レベル1 認証レベル2
1日にATMから引き出せる回数 2回 2回
1回で引き出せる金額 200ユーロ 1000ユーロ
1日に引き出せる金額 400ユーロ 2000ユーロ
生涯で引き出せる金額 1000ユーロ 制限なし

これは以前のカードの限度額とかなので新しいカードは変更される可能性が高いです。現時点では参考程度にお願いします。

カードを注文する方法

ウォレットアプリをダウンロードして、そこから注文することができます。

iOS用ウォレットアプリのダウンロード

Android用ウォレットアプリのダウンロード

ブラウザからアクセスできるウォレットもあります。https://webapp.tenx.tech/

残念ながら日本語には対応していません。

また、2018年1月時点ではすぐに受け取ることはできなくて、順番待ち状態です。予定では9月くらいにオーダーした人がようやく3月末以降には受け取れるかな?という状況。欲しい人はすぐに申し込みをしておきましょう。

待ちきれなくて注文をキャンセルしたい人

15ドル払って何ヶ月もカードが届かず、もういらないという人もいるでしょう。その場合キャンセルして15ドルを返してもらうことは出来るのですが問い合わせフォームから連絡しないといけません。

https://support.tenx.tech/hc/en-us/requests/new

登録したメールアドレスと I’d like to cancel my card orderといった内容で送信すればOKでしょう。

多分ですが、カードの発行が安定域に達してから注文してもそんなに遅くならないんじゃないかと思います。なのでよほど楽しみにしたい人以外は無理してプレオーダーする必要はないでしょう。

発行済カードが全滅する事態

2018年新年早々に、EU圏内で利用できていたTenXカードがすべて使えなくなるという事態が発生しました。

これにより一枚もTenXカードが稼働していないということになります。もっと言うと、一枚もビットコインデビットカードが世の中で稼働していない状況です。

詳細は下記ページで解説しているので興味があれば見てください。

TenXカードが使えなくなった原因とは?事件を振り返ってみた

とにかく、仮想通貨デビットカードの世界はまだ新しい分野で、簡単な道ではありません。TenXチームは精力的に頑張っているのでカードが届くその日を待つしかありません。

TenXという会社について

仮想通貨界隈ではICOで資金調達したけどプロジェクトが進行していないといった会社も多いのですが、TenXはその点では飛び抜けて期待できる会社です。

TenXはシンガポールの会社で、2017年6月にPAYトークンの販売(ICO)を開始し、無事に目標金額以上を調達をしました。カード事業がもっともわかりやすくて有名ですが、コアプロジェクトはCOMITと呼ばれるオフチェーンでの仮想通貨の交換を可能にするプラットフォームの構築です。まぁ私も難しくてよくわかってないんですが、インターネットができたのと同じように仮想通貨同士を繋げようというものだそうです。(雑でスイマセン)

YouTubeで積極的に動画をアップロードしていて、経営陣の顔やオフィス、活動内容などを見ることができます。私はこの点を一番評価していて、TenXチームを応援したくなった要素です。

2017年10月に投稿されたTenXの自己紹介動画です。この案内をしてくれているのが、動画でもっとも目にするジュリアンという共同設立者です。

こんな感じに、週1回ユーザーからの質問に動画で答えてくれます。

日本語でTenXの最新情報を追うなら

日本語でTenXの情報を追うなら、マーンさんが運営するTenXまとめブログが大変オススメです。Q&A動画を日本語でまとめていて、最新情報をツイッターでも発信してくれています。TenXラブの代表と言っても過言ではないでしょうw

http://www.tenx-matome.com/

すぐにカードを使えるという段階ではないのですが、仮想通貨デビットカードに興味のある方は絶対にTenXをマークしておいたほうがいいです。

そしてカードだけでなく、収益分配型のPAYトークンにも興味をもったらホルダーになってみるのもいいでしょう!目指せ不労所得!

2018年2月時点でのTenXのPAYトークンに関する最新情報と解説