ヨネダ メガネ 一度もマレーシアに行ったことがないのに移住する男。自称投資家のほぼ無職人間。 移住関係、投資関係、特に仮想通貨に興味津々です。詳しいプロフィールはこちらから。

TenXカードが使えなくなった原因と現在の仮想通貨デビットカードの状況

正月明け早々、驚きのニュースが舞い込んできました。

TenX公式ツイッターアカウントが、TenXカードが使えなくなったと公式発表

これによりTenXカードを使う人は世界でゼロになりました。

TenXはこれからどうなるのか

日本人は2017年夏からずっと待っている状態ですが、カードについては完全にふりだしに戻ったと言っても過言ではありません。

そして2018年6月時点でもまったく進展はなくカードを持っている人は世界にひとりもいません。

何が起こったのか

まず、TenXのVISAデビットカードはWaveCrestというカード発行体と契約して提供していました。要するに外注です。

そのWaveCrestがVISAによってライセンスを取り消されたため、WaveCrestによって発行されたカードがすべて使えなくなったというのが今回の事件の真相です。

幸いにもWaveCrestが原因でカードが使えなくなってしまったので、TenXがVISAに嫌われたとかそんな感じではないのです。

そして悲しいことに、この事件を境に世界から仮想通貨系デビットカードはほぼ駆逐されてしまったんですねぇ…。

WaveCrestはすでにEU圏外にはカードを提供できなくなっていた

実は、2017年10月にWaveCrestのカードはEU以外では使えなくなりました。Wavecrestは段階的に消えたわけです。

私はTenXを知る前にXapoというビットコインデビットカードを持っていたのですが、TenXと同じWavecrestのカードだったのでこれ以降使えなくなってしまいました。

これがなかったら夏にカードを注文した人は受け取っていたかも?

すでにカードを注文済みの人

注文済みの人は別にやることありませんし変更もありません。これまで通りカードが届くのを待つだけです。

もしキャンセル希望で返金してほしい場合は、TenXに連絡すれば返してもらえます。

ただ、待機リストはずっと生きているので一旦キャンセルすると列から離脱ということで、もう1回申請しても最後列になるのでご注意を。

結局カードはいつ来るの?

まったくの未定です。

誰にもわかりません。

おそらく、「GOサイン」が出たらTenXから正式に「カードがやっと出るよ!」と告知が来るはずです。

みんなが求めるのは事前報告なのですが、カード発行体と守秘義務があるので事後報告のみになります。だからその時まで絶対にわかることはありません。

来る時は急に来る。

なぜこれほどまでにカードが遅れているのか?

TenXのジュリアンはWavecrestがダメになるずっと前から、別のカード発行体と話を進めていたと発言しています。

そのカード発行体は、TenXにもっと柔軟な権限などを与えてくれるし、Wavecrestよりも厳格な会社だと言っていました。その発行体はWirecardという会社で、調べるとわかりますがドイツの上場企業で業績もまぁまぁいいです。

問題は、そのWirecardから「GOサイン」が出ないこと。ジュリアンは動画で何度も「TenX側の準備はすべてできている。あとはGOサイン待ち。」と言っています。

ジュリアンが言えるのはそこまでで、厳密に何が原因でGOサインが出ないかはわかっていません。Wirecardがダメと言っているのか、VISA自体が仮想通貨に対して慎重なのか…

ひとつ重要なのが、仮想通貨デビットカードはこの世に一枚も存在していません

現時点ではTenXだけの問題ではなく、仮想通貨界の問題でもあります。

このまま永遠に仮想通貨とデビットカードが一緒になれないとは思えませんが…今はひたすら待つしかありません。

カード発行のためにTenXがやっていること

Wirecard以外にもカードを発行できる会社と話を進めていて、Wirecardから発行されるとは限りません。アジア圏とEU圏では発行体が違ってくる可能性もあります。

また、ヨーロッパでの金融ライセンス(電子マネーライセンス)の取得を進めていて(これは当初から予定していた銀行ライセンスの取得のこと)、認可が下りればウォレットでフィアットを扱うことができるようになりカードも出せるとジュリアンが発言していました。

多方面から色々と進めているというわけですね。

とにかく他のどこもTenXと同じようなカードを出せていない状況なので、ジュリアン自身は非常に自信満々なのが伺えます。これでも業界の最前線を行っているというわけですね。

どうするPAYホルダー?

TenXはICOでPAYという仮想通貨を販売しています。そのホルダーが心配なのは価格ですよね。

TenX PAYUSD chart

これは2017年7月頃から2018年6月までのPAY/USDの日足チャートです。まぁ厳しいと言わざるを得ません。なんせプロダクトがないから。

今回のことで、一時的であれ会社の売上がゼロになるというのは事実です。

私個人では、約19万PAYを保有する日本でもトップレベルのホルダーなのですが、今買うのはオススメできません。他のホルダーには売ることを推奨するかもしれません。

自分で言うのも何ですが、私はメンタルと握力が強いのでなんとかなっているだけです。

といっても多くの人はすでに投げてしまったと思いますが、カードが発行されて売上がちゃんと上がって、PAYトークンの今後のことが明らかになってからでも遅くありません。

TenXは当初予定していたPAYホルダーへの売上還元(配当に値するもの)を事実上諦めました

私にみたいにボーッと持っていられる人以外は、今慌てて持つ必要はありません。

「でも、持たずに後で上がったら嫌だし…」という人はそもそも投資に向いてません。あしからず。

Wirexカードについて

日本人は利用できないんですが、WirexがEU圏内でカードの発行を一足先に行っています。

これはどうやら間に別の会社を噛ませて実現したっぽいですが、ちょっと自信がありません。興味のある方は調べてみてください。

どちらにせよ、Wirexのカードは事前にまとまった金額をカードにチャージするタイプで、TenXはカードの利用ごとに仮想通貨ウォレットから差し引かれるタイプ。

これでも擬似的に「仮想通貨をカードで使った!」という人はいるんですが、正直意味ないです。

ビットフライヤーとかでビットコインを売却して、銀行口座に出金して普通のクレジットカードやデビットカードを使えば同じことができるからです。

純粋にTenXと同じタイプのカードはありません。他を探している方は安心してTenXカードを待ちましょう。

バンドルカードやマネパカードは?

バンドルカードはビットコイン入金(ビットフライヤーとコインチェック経由)、マネパカードはZaifと連携していた国内の仮想通貨(に関連する)カードだったのですが、現在はどちらもビットコイン入金ができません。

もしかして仮想通貨めちゃくそ嫌われてる?

TenXカードの最新情報を得るなら

TenXの日本コミュニティがあります。日本語での情報を希望する人は要チェックです。私もコミュニティメンバーで寄付も少しばかりしています。

TenX日本コミュニティ
https://www.tenx-jp.tech/

同じくコミュニティメンバーのマーンさんが運営している「TenXまとめブログ」はTenXの動画を日本語に翻訳して要約した情報を掲載しています。より詳細で最新の情報を得るなら超おすすめです。

TenXまとめブログ
http://www.tenx-matome.com/

関連記事

PAYトークンについて書いたページがあるんですが、情報が変わりすぎて、しかも情報がない状態なので古い情報しか書いていませんw

2018年2月時点でのTenXのPAYトークンに関する最新情報と解説

カードについても詳しく書いていますが、同じく情報が…w

ビットコイン用デビットカードはTenXが最強!

どちらも最新情報に随時更新しています。興味のある方はチェックしてくださ〜い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。