ヨネダ メガネ 一度もマレーシアに行ったことがないのに移住する男。自称投資家のほぼ無職人間。 移住関係、投資関係、特に仮想通貨に興味津々です。詳しいプロフィールはこちらから。

TenXカードが使えなくなった原因とは?事件を振り返ってみた

正月明け早々、驚きのニュースが舞い込んできました。

TenX公式ツイッターアカウントが、TenXカードが使えなくなったと公式発表。

WaveCrestの発行するカードがダメになったんですが、これしかなかったのでTenXカードを使う人はゼロになったはず。

TenXはこれからどうなるのか

TenXはすでにWaveCrestとは別のカード発行体を用意していたので大きな影響はないそうです。が、すでにカードを持っていたEU圏内のユーザーは即利用不可になり、そういった方に優先して新カードを用意するので、これから受け取る予定の全世界の人もさらに遅れる可能性がありますね。こればかりはカード発行体次第です。

急ぎでジュリアンが今回のことを解説してくれてます。

何が起こったのか

まず、TenXのVISAデビットカードはWaveCrestというカード発行体と契約して提供していました。要するに外注です。

そのWaveCrestがVISAによってライセンスを取り消されたため、WaveCrestによって発行されたカードが使えなくなったということです。

なぜライセンスが取り消されたのかは不明なのですが、規約違反みたいなものがあったようです。

ここでしっかりと把握しておきたいのが、カードが使えなくなった原因はどこなのか?です。TenX?WaveCrest?

上で説明した通り、WaveCrestが原因でカードが使えなくなってしまったので、TenXに限らず、日本でも有名なWirexやBitPayなど数社のカードが同じく使えなくなりました。みんなどんだけWaveCrest使ってたのって感じです。

ここでTenXが原因だと思ってしまうのは勿体無い。特にPAYホルダー。

WaveCrestはすでにEU圏外にはカードを提供できなくなっていた

ご存知の方も多いでしょう。2017年10月にWaveCrestのカードはEU以外では使えなくなりました。だからTenXはまだ使えるEU圏内にカードを送って、それ以外の人は待つことになっていたのです。

なので日本にいる人はほとんどビットコインデビットカードを持っていないはずです。私が使ってたXapoカードもゴミと化しましたから。

これがなかったら夏にカードを注文した人は受け取っていたのではないでしょうか?

そして、いつからかわかりませんが、TenXは早くからWaveCrestとは別のWirecardというところと契約を進めていたそうです。

ユーザーは待ちくたびれてますが、TenXとしてはWaveCrestがダメになることはさほどダメージではないようです。先を見越して動いていた甲斐があったという事です。

ぶっちゃけ、日本人でダメージを受ける人はいないはずです。だって元からカード持っていないんですからw

すでにカードを注文済みの人

注文済みの人は別にやることありませんし変更もありません。ただ、新しい発行体からカードが届くのを待つだけです。

もしキャンセル希望で返金してほしい場合は、TenXに連絡すれば返してもらえます。

結局カードはいつ来るの?

今のところ2018年3月ごろを目処に期待していてもいいと思います。ただし保証はありませんw

あと注文した人から順番に発送されるので、今注文したらもっと遅いかもしれません。なんせ2017年夏に注文した人もまだ届いていませんから。

珍しくツイッターでTenXが話題になる

TenXだけじゃなくて他のカードも影響を受けたことから、ニュースサイトで取り上げられ、フォロワーの多い人もニュースを取り上げ始めました。

こんな感じに一気に広がって、

TenXについてツイートする人が爆増。普段こんなに話題になることないので興奮しました。

PAYは死んだのだろうか?と考える人も少なくないようでした。

どうするPAYホルダー?

PAYホルダーが心配なのはPAYの価格ですよね。

PAYBTC chart 0106

ニュースが出た5日の昼時点ではなぜか上がってましたw

当然、今回のことで価格は落ちましたが、私にとっては全く売る動機にはなりません。

まずWaveCrestがVISAカードを発行できなくなったことが大した問題ではないからです。別にこれは同業他社でも同じです。他の発行体を模索すればいいですし、TenXみたいに銀行ライセンスを取得して他の発行体を不要にすることもできます。この地球上で仮想通貨を使ったデビットカードが100%根絶されたら、それはそれでまた考えればいいでしょう。

今回のことで、一時的であれ、カードからの売上がゼロになるというのは事実です。TenXは新カードを用意してますが、実際に発送するまでにかなり時間がかかっています。今からカード発行体を探すところはマジでいつになるかわかりませんね…

あと、TenXはカード事業だけではありません。周知の事実ですがCOMITというプラットフォームを開発していて、仮想通貨を現在の世の中で使いやすくするための一つの手段としてカード事業が存在します。コミュニティ内では、極論カード事業がなくても成り立つとまで言われていますw

株の世界でも、長年株を保有しているならその会社が不祥事を起こしたり、取締役が変わったり、事故があったり…いろいろと起こるものです。これくらいの出来事で右往左往していたら神経がいくらあっても足りません。

将来、TenXやPAYの価格がどうなるかなんて私にはわかりませんが、今後も今回のようなトラブルは絶対に発生すると断言できます。悪いニュースはあって当たり前、その度に売ったほうがいいのかと悩んでいては疲れるだけですよ。

同業他社のカード

情報を追える人は、他の仮想通貨デビットカードサービスも使ってみたりすると、なお良いでしょう。比べたらそれぞれの価値がわかりやすくなります。

Wirex、Xapo、Centra、Bitwala、Cryptopay、Monacoなどなど…いろいろあります。私もほとんど知りませんw

このうち、Centraはカードがすでにあるっぽくて、ツイッターで画像を見かけます。

追記:上記ツイートは削除されたようです。謎。

ただ詳細は私もよくわかってません。Centraのサイトではプレオーダーとなっていますし、現時点で仮想通貨デビットカードはないと言われてるので、ナニコレ状態ですw

バンドルカードやマネパカードは?

国内ではバンドルカードとマネパカードがビットコインでチャージできるカードです。

今回の問題はVISAがビットコインを排除したのではないので、これらカードには影響がありません。そもそもWaveCrestのカードじゃないですし、マネパカードはマスターカードですから。

情報をしっかり追っていればこういった疑問は出ないはずです。ただイケハヤさんは草コイン狩りに忙しいので仕方ないですw

TenXの最新情報を追うならコミュニティを覗いてみよう

今回、仮想通貨界の人が珍しくTenXに触れたことにより、意外と情報を追っていないんだなと思いました。見下してるんじゃないですよwチャンスなのかなぁと思っただけです。知識ある人はみんなこっそりPAYを買い集めてると妄想してたのでw

今回のようなことがあった時に、最新情報が気になる人はTenXが用意しているチャットを使ってみましょう。

https://chat.tenx.tech/

Tenx riot chat
日本語チャットルームはこんな感じ

登録は誰でもできますし、わからないことを質問するのもいいでしょう。ただ、PAY上がりますか?みたいな質問をすると日本コミュニティ代表のひよこさんに怒られるのでやめましょうw

wwwwwwww