ネッテラーカードのATM引き出し手数料が事実上の値上げ

海外のオンラインギャンブルサイトだけではなく、最近ではFXブローカーの入金方法としての地位を確立し、たくさんの方がネッテラーを利用しています。さらに、ネッテラーはアカウントに紐付いたマスターカード「Net+カード」を発行可能で、日本円に対応している唯一のサービスで非常に便利なサービスです。

しかし、2015年終わりごろから様々なサービス見直し(主に改悪)が行われ、今回はカードでATMからお金を引き出す際の手数料がこれまでの1回650円から引き出し額の1.75%に変更されました。

この変更は以前から発表されており、利用者にはメールで通知が行われているはずですが、変更は2016年5月17日から有効になります。

現在日本国内では、ネッテラーのカードのように海外発行のカードでATMから現金を引き出せる上限が1回10万円までとなっています。例えば10万円を引き出すと手数料は約1750円となります。

これまでは引き出し金額にかかわらず手数料が650円だったのでかなり高くなりました。しかし逆に、1万円など少額の引き出しにはこれまでより利用しやすくなりました。(得ではありませんが)

徐々に使いづらくなっているネッテラーですが、イギリスで規制を受け上場もしている企業なので安心感はあります。代替サービスも現在はあまりなく、緩い規制であまり安心できない電子マネーを利用するのも怖いので今後のネッテラーの動きに注目したいですね。

リンク:公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。