MyfxbookのコピートレードサービスAutotradeとは

Myfxbookとは?

Myfxbookは、そのサイト上でレビューや海外FX業者のリアルタイムスプレッドの提供などいろいろ行っています。FX業者ではないので取引サービスを提供しているわけではありません。今回はコピートレードサービスに絞って紹介します。

リンク:Myfxbook公式サイト

MyfxbookのAutotrade

MyfxbookのコピートレードはAutotradeと呼ばれています。名前の通り、Myfxbookに選ばれた優秀なトレーダーの取引をコピーできるサービスです。

Autotradeのトレーダーの質

Myfxbookに選ばれたトレーダーは主に次の条件を満たしています。

  • MT4のリアル口座で、最低3ヶ月の取引履歴が必要。
  • ドローダウンは50%以下に抑える。
  • 最低でも、ドローダウンの10%以上の利益を出す(極端な損大利小禁止)
  • 1取引あたり平均3ピップスの利益
  • 平均5分以上の保有時間
  • マーチンゲールやグリッド手法禁止(いわゆるナンピン)
  • 直近3ヶ月間の残高は最低でも1000ドル以上
  • 最低でも100回のトレード

このことから、Myfxbookのトレーダーはかなり質がいいと言えます。

「過去のパフォーマンスは未来のパフォーマンスを保証しない」というのが決まり文句ですが、一度選ばれてもその後大損して消える可能性はあります。なので、今存在するトレーダーの成績がいいのは当たり前です。これを忘れないようしておきましょう。

対応ブローカー

MQL5のコピートレードと違って特定のブローカーを使う必要があります。これは、Myfxbookが対応ブローカーとアフィリエイト(IB)契約をしており、その報酬を収益源としているからです。

Myfxbookのautotrade

対応ブローカーは公式サイトの一覧から確認できます。

リンク:Autotrade対応ブローカー一覧

正直、無名なブローカーが多いので一番の悩みどころはどのブローカーを使うかでしょう。

また、対応しているのはほとんどMT4口座で、IC MarketsとPepperstoneのみcTraderに対応しています。日本人は利用できませんが。

利用料金

コピーをする側は利用にお金を払う必要はありませんが、Myfxbookに選ばれたトレーダーは成果に応じた報酬を受け取っています。この費用を捻出するために、一部のブローカーは顧客のスプレッドまたは手数料にマークアップ(上乗せ)をします。報酬は一律なのに、ブローカーによってスプレッドが異なるからです。

ようするに、コピーする人にとっては間接的に費用を払わされるのと同じです。

最低入金額

最低1000USDの入金が必要です。これはMyfxbook側が定める最低入金額なので全ブローカー共通です。

日本語対応

Myfxbookのサイトは、一応日本語のページが用意されていますが完全に日本語されておらず、翻訳精度も悪いです。見づらいので私は英語表示にしています。

何かMyfxbookに問い合わせる必要がある時に、英語が苦手だと少し困るかもしれません。

登録順序

まずはMyfxbookのアカウントを作ります。本人確認は必要ないので簡単ですね。

リンク:Myfxbook公式サイト

次に、MyfxbookのAutotrade専用口座を開設します。

Myfxbook autotrade口座開設

通常の口座開設と同じプロセスですが、リンクを踏むことだけは忘れないように。

次にブローカーに本人確認書類を提出して承認を受けます。Myfxbookの口座のために承認が必要なわけではないので、すでに提出済みのブローカーを利用するなら省略可能です。

取引口座の開設が済んだら1000ドル以上の入金を行います。

次にMyfxbookのサイトで開設した口座の情報を入力して、Autotradeのシステムとリンクしてもらいます。「口座を準備したから問題ないか確認してね」という作業です。

Myfxbook autotrade request to link account

口座名義、口座番号、マスターパスワード、投資家パスワードを入力

この時、取引口座のマスターパスワードを入力する必要があります。不安になりますが、必ず必要です。このおかげでMT4を起動しておく必要がありません。

準備の時点でわからないことがあればブローカーに聞くのもOKです。

難しそうですが実は、口座の開設、入金、知らせるというだけです。

デモを試す

アカウント登録を済ませておけば、デモを利用することができます。本物のトレーダーをコピーしたり、過去の取引履歴からシミュレート(バックテスト)もできます。

Autotradeシミュレーター

どのくらいの金額投資して、いくつくらいのアカウントをコピーして、どういった設定にするのかなどの計画をたてるのに役立てましょう。

myfxbook autotrade simulator

上位10名を選択、10万ドルの資金で1年のバックテストをすると、+321%の32万ドルの利益!

私も1万ドルでスタートしました

TradeviewのMT4口座で2017年3月からスタートしました。今後の収支などは私の投資状況報告ページで見ることができます。

Tradeviewを選んだ理由は、ビットコインで入出金できるのと、すでにcTrader口座を利用しているからです。

AutotradeはFX初心者でも始められるので、投資先を探している人はぜひ参考にしてください。

2 件のコメント

  • すいません、myfxbookに問い合わせたのですが回答が曖昧だったので質問させて下さい。
    ロットの計算についてなのですが、たとえば $1000入金後、利益が +$500 となり、残高が $1500 になったとします。
    Autotradeは、次の取引から 残高 $1500 に対してリスクを計算し、取引するのでしょうか(要は複利なのかどうかです)
    それとも入金額が $1000 ならば、取引のリスクは $1000 に対して一定なのでしょうか。

    • 複利になりますね。常に残高を参照してロットの計算が行われています。
      2017年5月1日に、口座に1万ドル入金していきなり倍の残高にしたら、ロットも倍になったからです。

      利益だけでなく、入出金でもロットが変動するので、設定をすぐ変えることを忘れないか土日にしたほうがいいかもしれませんね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    メガネくん

    30歳チョイのメガネをかけた男性。長年FXに関わったので、勝ち組トレーダーにはなっていないが知識と経験だけが蓄積されました。最近はビットコインなどの暗号通貨も扱っています。