ヨネダ メガネ 一度もマレーシアに行ったことがないのに移住する男。自称投資家のほぼ無職人間。 移住関係、投資関係、特に仮想通貨に興味津々です。詳しいプロフィールはこちらから。

マイビットウォレットがサービス刷新。変更点まとめ。

2018年9月10日にマイビットウォレットが大幅にサービスを刷新したので変更点をまとめます。

変更点は大きく3つほどです。

  • 名称の変更およびURLの変更
  • 仮想通貨への対応
  • アカウントステータスの変更

細かい部分でややこしい変更があるので詳細を紹介していきます。

名称の変更

bitwalletロゴ

Mybitwallet(マイビットウォレット)という名称をbitwallet(ビットウォレット)に変更しました。

なぜかは謎。

これによりサイトURLもhttps://bitwallet.com/に変更されているのでブックマークしていれば変更しておきましょうというくらいでしょうか。旧サイトからはリダイレクトされるようになっているので特に問題にはなりませんが。

けど名称を変更したせいでロゴも全部置き換えないといけないので結構たいへんです。名前に何か問題があったのかな?

仮想通貨への対応

以前からビットコイン入金には対応していましたが、正式に仮想通貨の入出金、保持、両替が可能になりました。

対応コインは、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、ビットコインゴールド、イーサリアム、リップル、ライトコインの6種です。

bitwallet対応仮想通貨

仮想通貨ではないですがNetellerとSkrillにも対応しました。でもこの2つは現在日本人はほぼ使えない状態なので関係ないでしょう。

アカウントステータス

アカウントステータスは本人確認の提出状況によるサービスの制限に関係します。

新しいアカウントステータスは4種類で下記の通りです。

トライアル 証明書を出していない状態
ベーシック 証明書を出した状態。基本はコレ。
プロ 手数料25%オフ。利用回数や金額が多い人がなれる。
アンリミテッド プロより多くなると格上げ。手数料50%オフ。

トライアル状態では、

  • クレジットカードによる入金(月500ドルまで)
  • Neteller, Skrillによる入金(月500ドルまで)
  • 国内銀行送金による入金(制限なし)

という感じなのでビットウォレットアカウントからの出金、仮想通貨の出金はベーシックでないとできません

ビットウォレットのアカウントステータス

必要な本人確認書類は

  • パスポートや運転免許証などの写真付きの身分証明書
  • 公共料金の請求書などの住所証明書
  • 本人確認書類を手に持った状態の自撮り写真

の三点です。

できるだけ早く出しておきましょう。

関連ページ

bitwalletは海外FX業者を使うのに必須とも言える便利なサービスです。不便な海外送金をせずに済むようになるからです。

対応業者もかなり増えているので、ビットウォレット自体を知らない人はこちらのページを参考に、使い始めてみましょう。

Mybitwalletとは何ができて、どれくらい便利なのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。