出金のことも考えた海外FX業者への入金方法解説

海外FX業者は国内とは違い、複数の入出金手段が存在します。事前にどの方法で入金するのが自分にとってベストなのか考える必要があります。入金は非常に簡単ですが、出金のことも考えて入金してもらいたいので、出金を前提とした入金手段の解説をします。

なお、私はビットコインでの入出金を強く推奨しています。まだ限られた業者でしか採用されていませんが、採用しているというだけで利用価値があると思っているくらいです。

マネロン対策による基本ルール

基礎知識として、全ての海外FX業者共通でマネーロンダリング対策による以下の制限があります。

・入金元、FX口座、出金先全て同一名義人である必要がある。

・原則入金元と出金先は同一経路である必要がある。

例:クレジットカードはクレジットカードへのみ出金可能。利益分の出金は、自由に選べる業者と銀行送金のみとなる業者の2種類が存在します。

ビットコインの場合は少し例外になります。ビットコインのアドレスに本人確認というものは存在しないからです。

クレジット/デビットカード

クレジットカードではショッピング枠を利用し口座に入金することができます。カードで何か物を購入する時と全く同じ処理なので、キャッシング枠を利用するわけではありません。

出金の時が少し特殊で、クレジットカードで入金したお金を出金する場合はFX業者側では返金として処理します。返金処理の場合、FX業者側の作業はすぐ終わることが多いですが、カード会社側の対応は時間がかかる事が多く、締め日をまたいでいると一旦引き落とされてしまうなどがネックです。デビットカードは数日で返金されることもあるので、お金の回転はクレジットカードに比べ早いでしょう。

さらに、過去のカード入金は原則返金処理をする必要があり、優先度が非常に高いです。これはどういうことかと言うと、例えば最初にクレジットカードで10万円入金したとします。その後利益を出すことができず0円になり、追加で10万円を銀行送金で入金したとします。その後は利益を出すことができ、20万円の出金をした場合、10万円はカードの返金となってしまい、残り10万円は銀行への出金となります。

さらにさらに、出金は入金額と同額が上限です。入金額以上の利益分は銀行送金で出金する必要があります。

カード入金でネックなのは出金です。

メリット

  • 入金が簡単
  • 口座への反映が早い

デメリット

  • 出金後の処理がカード会社の処理に左右されてしまう
  • 過去のカード入金は必ずいつか返金処理をする必要がある
  • 数百万円単位の入金に不向き

銀行送金

これは非常に簡単です。自分の銀行口座から送金するパターンです。銀行送金にも2パターンあり、海外送金でFX業者の口座へ直接入金か、国内送金で入金可能な収納代行サービス経由の入金となります。

海外送金での入金

皆さんお持ちの日本国内の銀行から、例えばイギリスの銀行への入金などになります。クレジットカードで数百万円の入金が出来る人は少ないと思うので高額送金には向いています。しかし、海外送金となると、手続きが面倒で到着に数日必要なため急ぎには向いていませんし、少額だと手数料が勿体無いです。

法人以外で海外送金している人いるんでしょうか?というくらい。

メリット

  • 高額な入金時に安心
  • どこの業者も必ず受付可能
  • 出金も銀行送金なのでカード出金ほど複雑なことはない

デメリット

  • 海外送金は到着までに数営業日が必要
  • 海外送金の手続きの手間と送金手数料が高い

国内送金での入金

海外FX業者は日本国内に銀行口座を持てないので第三者の決済代行会社を利用し、国内送金での入金を受付可能にしています。これにより三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行経由での入金が可能となります。非常にメジャーなオプションになってきましたが、まだまだ採用していない業者もあります。

メリット

  • 送金手数料は国内送金の手数料なので安い
  • 入金の反映が海外送金と比較し早い(即日反映可能)

デメリット

  • 1回100万円以上の入金は制限される
  • 出金経路は海外送金となるので受け取る準備が必要
  • 将来的に圧力で消えそう

海外FXの入金に利用されるイープロテクションズについて

ビットコイン入出金

カード入金も国内送金による入金も便利なのですが、やはり出金する時が不便です。最近徐々に普及し始めているビットコインを使えば、これらのデメリットをなくすことができます。

ただし、ビットコイン入出金に対応しているところは少ないです。筆者はFXOpenとTradeviewというブローカーでビットコイン入出金を試してみました。

Tradeviewにビットコインで入金する手順解説

ビットコインで海外FX業者のFXOpenに入金してみた

さらに、AxioryXMでもビットコイン入出金が可能になっています。もはやブームです。

総合的なおすすめ入金方法

カード入金と国内送金は手軽さが特徴です。ビットコインを使ったことがない人はちょっと抵抗があるからです。しかしビットコインも手軽なので、慣れると全く問題ありません。個人的に、カード入金と国内送金は絶対に使いたくないのでビットコインの利用を推奨します。

銀行送金で受け取らなければならなくなった時、中継銀行手数料で4000円くらい引かれてしまいます。1万円の出金に手数料4000円はつらすぎます。トレード以外で費用がかかってしまうのが海外FXのデメリットでもあるので、ビットコインを使ってそのデメリットをなくす努力をしましょう。

さっきも書きましたが、入金の時は良くても出金時に高額な手数料がかかっては意味がありません。また、マネロン対策があるのであとから出金方法を選ぶことはできません。だから入金時から手段を選んでいく必要があるのです。

以下の、銀行口座についての注意点は「念のため」ですが、ビットコインを利用するなら不必要である可能性が高いです。

出金に備えて銀行口座を用意しておく

日本人にとっては銀行口座は持っていて当然ですが、銀行口座というのは一定の信用力が発生するものです。何らかの理由で入金元へ返金できない場合、必ず銀行口座を利用することになります。

例えばクレジットカードでキャンセル処理できないほど時間が経過した場合や、利益分は銀行送金のみというケースも多いため、入金に銀行口座を利用しなくても出金時には銀行口座を利用しなければならないことがあります。

そのため事前に準備しておく必要があるのですが、最低限やっておかなければならないことは海外送金を受け取ることができる銀行口座の用意です。

例えばジャパンネット銀行は海外からの送金を受け取ることができません。海外FX業者から出金することができなくなるので、海外からの送金を受け取ることができる銀行に口座を開設しましょう。新生銀行であれば受取手数料も安く、口座開設や維持に費用がかからないのでオススメです。もちろんメガバンクでも良いでしょう。

今では銀行にマイナンバーを通知していないと海外送金を受け取れない可能性があるので、そちらについても事前に確認しておきましょう。

出金時に要求されるかもしれない書類

入金よりも出金のほうが難しいのはマネーロンダリング対策です。必ずではありませんが、海外FX業者から次のような書類を出すように言われることがあります。なお、多くのケースでは出金履歴がない、最初の出金時にだけ要求されることが多いです。

身分証明と住所証明

口座開設後に一度提出していても要求されることがあります。これは期限が切れているまたは変更があったかもしれないので再確認という意味もありますので面倒臭がらずに提出しましょう。

クレジットカードの出金(返金処理)の場合

クレジットカードを撮影した写真を要求されることがあります。これは実物のカードを保有しているかを調べるためでもあります。カード番号を照合するためではないので普通はセキュリティのために下4桁以外は隠して写真を撮るように言われます。

面倒なところでは、カードを手に持った自撮り写真を送るように言われることがあります。これは提出した身分証明書の顔と一致するかというのも合わせて確認するためです。これを要求されることはめったにありませんが、こういうこともあるということを覚えておくと良いでしょう。

銀行送金による出金の場合

受取銀行が発行する明細を送るように言われることがあります。こちらも実際に保有している銀行口座かを確認するためですので、名前や住所の記載が必要と言われることもあります。日本の銀行は、銀行関連の書類をこういった証明に利用することが少ないので用意するのが面倒なことが多いです。

紙の書類でなくても、インターネットバンキングの画面のスクリーンショットなどでもOKなことがあるので、サポートに相談してみましょう。

海外FX業者から銀行口座に出金する際の手数料を節約する方法

こちらのページを参考にしてみてください。

海外からの送金を受け取る時にかかる手数料の詳細と節約方法

結論として「そこまで節約できない」としているため、個人的に利用して満足している住信SBIネット銀行か新生銀行をおすすめします。

メガネくん
国内業者を使うなら考える必要がないことですが、入出金についての知識はかなり重要です!何も考えずクレジットカードを使うのはもったいないですよ。