ネッテラーで海外ギャンブルサイトへの入金が不可に

ネッテラーは日本人ユーザーに対して、2016年9月15日よりギャンブルサイトへの入金ができなくなると発表しました。海外FXブローカーだけを利用している方には馴染みがありませんが、海外のオンラインギャンブル(もちろん合法です)サイトへの入金でネッテラーはかなり利用されている入金方法です。それが利用できなくなるのは非常に驚きです。

海外FXブローカーへの影響

FXもギャンブルではないかと思われますが、それは個人的な見解でFXなどの投資はギャンブルではありません。したがって、今回のネッテラーの変更後も海外FXブローカーやバイナリーオプションブローカーへの入金は可能です。(ネッテラーサポートに確認済み)

どうやって区別するんだと思う方もいるかもしれませんが、そもそもオンラインギャンブルは専用のライセンスがあります。そしてそのライセンスはFXブローカーが必要なライセンスとは違うため、ネッテラー側でギャンブルとFXは明確に分けられているということです。

ギャンブルサイトの利用ができなくなるのは、先日発表されたNet+カードの一時停止と関連がありそうです。

ネッテラーは現在日本ユーザーに対して新たなサービスを提供するために手続きを進めているようで、Net+カードの停止とこのギャンブルサイトへの入金停止も必要な手続きなのでしょう。

なお、ギャンブルサイトへの入金だけでなく受け取りも9月15日以降できなくなるようなので、出金を済ませるか、期限後の出金は銀行送金なども可能なのかをギャンブルサイトへ確認しておくことをおすすめします。

代替入金方法ですが、クレジットカードまたはデビットカードくらいしかないかもしれません。現在確認中ですが、Skrillも利用できなくなる可能性があります。

Skrill(旧Moneybookers)はネッテラーの親会社に買収されているため、実質運営元が同じです。ネッテラーだけ日本の規制に従って関連会社が従ってないのも問題なので、同じように規制に従うかサービスを停止させるかの2択になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。