IronFXがロシアから撤退し事業を縮小

IronFXが、ロシアの自己規制団体CRFINに登録削除申請を出していたことが判明。これによりロシアでの営業を終了し事業の規模を縮小する狙いだ。

さらに、ロシアの他にもイタリアとドイツ、ニュージーランドの登録についての表記もウェブサイトから消されていることが判明。

IronFXは最近キプロスで開かれたiFXエキスポで約50名の従業員を解雇したことを認めた。中国での騒動もあり、スイスフランショックもあり(損失の規模は不明だが)、さらには日本進出も断念しており、確実に規模は小さくなっていってるが採算の取れていないものを精算するのは良いことだろう。

FXCMでさえ、スイスフランショックの影響で日本法人を楽天に売り渡す結果になってしまったので仕方のないことだろう。今後の動向に注目したい。

元記事:Finance Magnate Breaking: IronFX Folding Out of Russia, Leaves CRFIN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

メガネくん

30歳チョイのメガネをかけた男性。長年FXに関わったので、勝ち組トレーダーにはなっていないが知識と経験だけが蓄積されました。最近はビットコインなどの暗号通貨も扱っています。