【スマホでFX】iPhone iPad用MT4アプリの使い方

iPhone、iPad用MT4アプリはEAやカスタムインジケーターは利用できません。利用できるインジケーターは最初から内蔵しているオーソドックスなものだけです。

しかし、iPadを利用すれば本格的なトレードも可能で、スマホだけでもレートやチャートの確認、口座状況の把握には大変便利なので、MT4を利用している方はぜひアプリをインストールしておきましょう。

iPhoneとiPadでの機能の違い

iPhoneとiPadでのアプリの機能の違いはほとんどなく、表示の仕方が違うだけとなっているため、このページではiPhoneでの画像解説をベースとし、iPadの画像は補助的に紹介していきます。

また、このページに掲載している画像はiPhone4sとiPad Air2で撮影しました。

iPhone iPad

そしてiPadでは複数のチャートを一度に表示することが可能で、iPhoneとは同じアプリとは思えない便利さになります。複数のチャートの表示の仕方は、このページ内のiPad専用 複数のチャートを表示する方法の項目内で解説しています。

アプリのインストール

MT4のアプリはWindows用と違って各ブローカーがそれぞれ出しているのではなく、全ブローカーが共通のアプリを利用することになっています。また、iPad用アプリも別にあるわけではなくiPhoneと同じアプリです。

初回起動時

初めてアプリを起動すると、下の画像のように表示され、デモ口座を開設するか自分の口座にログインするか、の表示が出ます。既にデモ口座であっても口座を持っている人は「既存のアカウントにログイン」を選択してください。

MT4アプリ口座追加

この画面で10秒間なにもしなければ自動的にデモ口座が作成されます。これはデモ口座も持っていない人でもすぐにチャートやレートを見ることができるようにするための対応となっています。

ここで勝手にデモ口座にログインしてしまった人も、「既存のアカウントにログイン」を選んだ人も、次の口座にログインする方法の項目でログイン方法を確認して下さい。

口座へログインする方法

設定内の一番上にあるトレードアカウントをタップ。

mt4 iphone 設定

 

次に右上の+をタップし、

mt4 iphone 口座追加

 

既存のアカウントにログインをタップします。

既存のアカウントにログイン

 

iPadではこちらから

mt4 ipad口座追加

サーバーを選択する画面になるので、上部の検索フィールドに業者名またはサーバー名を入力して検索し、口座が登録されているサーバーを選択します。

mt4 iphone サーバー検索

 

ログイン画面に移るので口座番号とパスワードを入力し右上のサインインをタップして完了。ログインできない場合はサーバーが間違っている可能性もあるので必ず確認しましょう。

mt4 iphone サーバー一覧

 

別の口座へ切り替える方法

ログインの際にパスワードを保存しておけば、以降別の口座へ切り替える際に口座一覧から選ぶだけで簡単に口座が切り替わります。

現在ログインしている口座が一番上に表示され、過去にログインした口座は下のトレードアカウントの一覧に表示されます。

mt4 iphone 口座一覧

気配値でレートの確認や利用する通貨の設定

気配値とは各通貨のリアルタイムレートを表示する画面です。シンプルモードと詳細モードがあるので自分に合ったほうで表示しておきましょう。

mt4 iphone気配値

気配値ではただ一覧が表示されるだけではなく、デスクトップ版と同じく気配値に表示している通貨だけが取引画面で選択可能です。表示するものとしないものをしっかりと選びましょう。

気配値に通貨を追加する

気配値の画面右上の+をタップ。

mt4 iphone気配値に追加

 

次にその業者でトレード可能な通貨がカテゴリ別に表示されるので、いずれかのカテゴリを選択するか上部の検索フィールドに通貨を入力します。

add symbols

通貨一覧が表示されたら左側の緑の+アイコンをタップするとその通貨を気配値に表示することができます。

add symbols 2

気配値から通貨を削除、または並び替える

気配値の画面左上の鉛筆マークをタップ。削除するには、削除したい通貨をタップし(複数可)右上のゴミ箱アイコンをタップすれば削除されます。なお、チャートで表示している通貨は気配値から削除できません。

並び替えるには右側のアイコンをタップしながら上下に動かすと並び替えることが可能です。

market watchedit symbols

通貨ペアの詳細を確認する

通貨ペアをタップし詳細を選択すると、その通貨ペアの様々な情報を見ることができる。そこにはスワップや1ロットのサイズ、両建ての時に必要な証拠金などが記載されています。スワップポイントは、タイプにポイントとあれば1ポイント=0.1ピップスという意味です。

symbol detail

チャートに関する機能や設定

モバイルアプリですが一目均衡表やMACDなどの有名なインジケーターの表示もでき、基本的なチャート機能は搭載しているので十分トレードに利用することは可能です。

チャートの表示方法

チャートを表示するには、気配値から表示したい通貨をタップし”チャート”を選択します。

mt4 iphoneチャートの表示方法

チャート上部のアイコンは左から、時間足の変更、クロスヘア(十字線)の表示、インジケーターの表示、オブジェクト(線の描画やフィボナッチ)の追加、そしてトレード画面の表示となっています。

chart

mt4 ipadチャートの設定

iPad専用 複数のチャートを表示する方法

iPadでは画面が広いことから複数のチャートを並べて表示することが可能です。まずはチャートを1つ以上表示している状態から気配値から新しいチャートを追加します。

mt4 ipad複数のチャートを表示する方法

1つのチャート大きく表示していると何も変化がないようですが後ろにチャートが追加されています。

次にチャートを複数表示に切り替えます。 画面右にあるチャートアイコンをタップするとオプションが表示されます。デフォルトでは最大化になっており1つのチャートを大きく表示します。水平や垂直は並ぶ方向なので、色々試してみて最適な表示方法を見つけましょう。

chart option

チャートを広く使いたい時は、画面左の気配値や注文画面のアイコンをタップすると閉じることが可能です。

charts tile

時間足の変更

時間足は1分足から月足までデスクトップ版MT4と同じにように切り替え可能です。

クロスヘア(十字線)の表示

クロスヘアは十字線をチャート上に描画し、それを指で動かすことが可能です。水平ラインで価格、垂直ラインで日付を確認できるので、特定の箇所の価格と時間を見るのに役立ちます。

mt4 iphoneクロスヘアの表示

インジケーターの追加

インジケーターのアイコンをタップすると編集画面が表示されます。メインウィンドウとインジケーターウィンドウ1とあり、チャート上に表示されるインジケーターがメインウィンドウ、チャートの下に表示されるのがインジケーターウィンドウとなります。

mt4 iphoneインジケーターの追加方法

インジケーターを表示したい方をタップするとインジケーターリストが表示されるので、追加したいインジケーターを選択します。

add indicator

最後にインジケーターの設定画面となり、数値や色を変更できますが詳しくなければ数値は弄る必要はありませんので右上の完了をタップしましょう。

インジケーターの削除

インジケーター画面で右上の編集をタップし、削除したいインジケーターの左側のアイコンをタップすると削除ボタンが表示されるのでタップして削除します。

mt4 iphoneインジケーター削除

インジケーターウィンドウ1を全て削除すると、メインウィンドウだけの表示となってしまい一見インジケーターウィンドウを追加できない用に見えますが、メインウィンドウをタップしてインジケーターウィンドウ1に表示されるインジケーター(例えばRSIやMACD)を追加すると、自動的にインジケーターウィンドウ1に表示されます。

線や図形、フィボナッチなどのオブジェクトを追加

オブジェクトのアイコンをタップするとオブジェクト画面が表示されるのでオブジェクト追加をタップします。ラインやフィボナッチなどの一覧が表示されるので追加したいオブジェクトをタップするとチャート画面へ移動するので、そのオブジェクトを設置したい箇所をタップします。

チャート上に表示されているオブジェクトをタップすると移動可能になるので間違えても修正は簡単に可能です。

add object

オブジェクトの削除

チャート上に表示されているオブジェクトを長押しすると削除画面が表示されます。もしくはオブジェクト画面の右上のゴミ箱アイコンで全て削除することできます。

remove all objects

チャートの設定

チャートの設定では、バーチャート、ローソク足、ラインチャートなどのチャートの表示の仕方や、チャート上に表示するデータのオンオフを設定できます。設定画面へは、チャート上のどこかをタップするとウィンドウが表示されるので設定をタップします。

mt4 iphoneチャートの設定chart setting

バーチャート、ローソク足、ラインチャート

自分に合うチャートタイプを設定しましょう。タップしてチャートに戻るだけで変更されるので画面下にある更新は押す必要はありません。

ボリュームとトレードレベル

ボリュームとは取引高のことで、これをオンにするとチャートの下側にグラフが表示されます。トレードレベルはアプリ内に書かれている通り、自分の注文をチャート上に表示します。現在の価格と建玉の価格を視覚的に比較するには必須です。

OHLCとデータウィンドウ

OHLCとはOpen, High, Low, Closeの略でそれぞれ初値、高値、安値、終値となり、これをオンにするとチャート上部に小さい文字で表示されます。データウィンドウをオンにすると、クロスヘアでインジケーターの値、例えば一目均衡表の基準線の価格やRSIの値を見ることができるようになります。

カラー

チャートの背景やローソク足の色など、細かく色を変更することができます。見やすい色に変更するのもよいでしょう。

チャートの拡大縮小

チャートを2本指でピンチイン・ピンチアウト(2本指でつまむ)すると拡大縮小することができます。

チャートとインジケーターウィンドウの大きさを調整

チャート上のどこかを長押しすると、表示しているインジケーターの削除(バツアイコン)またはウィンドウの大きさの調整が可能です。チャートとインジケーターの境目を指で動かすとサイズ変更可能です。

adjust chart size

トレードのやり方

注文発注画面を出すにはiPhoneで3通り、iPadで2通りあります。

mt4 iphone取引方法tap symbol tradechart trade

 

mt4 ipad注文方法

注文の発注は基本的にBuy(買い)またはSell(売り)をタップするだけです。

new order

 

注文画面の解説と新規注文方法

注文画面で設定可能な機能を紹介します。

取引通貨の選択

タップすると通貨一覧が出るのでトレードする通貨の変更ができます。注文を出す際には必ず通貨を確認しましょう。

new order symbol

注文したい通貨が表示されない場合は気配値から削除している可能性があります。このページの気配値の項目を参考に通貨を表示してから注文しましょう。

注文の種類を選択

注文の種類には成行注文(アプリ上の表記は即時実行)の他に、指値と逆指値注文がありLimitは指値、Stopは逆指値のことです。Buy Limitは買い指値で「レートがここまで下がったら買う」のに利用し、Sell Stopは売り指値で「ここまで上がったら売る」のに利用します。

order type

指値とは現在のレートを基準に有利なレートの時に使用し、逆指値は不利なレートの時に使用します。買いの場合は安く買う、売りの場合は高く売る、のが有利なレートとなります。

ロット数の変更

中央の数字が注文ロット数となります。ロット数の変更は左右の+0.01や-0.01をタップすると増減し、中央の数字をタップするとテンキーが出てくるので直接数値を指定することもできます。

new order lot

ストップロスとテイクプロフィットの設定

ストップロスとは決済逆指値のことで、テイクプロフィットとは決済指値のことです。どちらもポジションが指定したレートになったら決済をするという設定で、利確や損切りに使用します。テンキーでの入力か+ーをタップしてレートを調整し、何も設定しない場合は空欄にします。

new order tpsl

スリッページの設定

成行注文とはレートを指定せずに約定させるため、注文を出した(押した瞬間の)レートと実際に約定したレートがズレる場合があります。スリッページを設定は、ズレの許容範囲を設定になり、例えば5ピップスをスリッページに設定するとそれ以上離れたレートでは約定しなくなります。

設定する値はポイント単位となるため、120.567円のレートに10ポイント(=1ピップス)を設定すると、120.557円か120.577円の間の滑りを許容するという意味になります。

注文時にエラーが出る場合

Buy Limitなどの選択が間違っている、注文ロット数が多すぎて証拠金が足りない、ストップロスとテイクプロフィットの値が間違っているなどが考えられますので、もう一度見なおしてみてください。エラーが出る場合は画面上部が赤くなりエラーが表示されます。

保有ポジションの指値と逆指値の変更

ポジションを保有していればトレードのところに表示されます。変更したい注文を長押しするとメニューが出るので注文変更を選択します。それぞれ任意のレートを入力し注文変更をタップすると変更完了です。

mt4 iphone指値と逆指値tap and hold positionedit sl tp

iPadの場合は画面下のトレードタブを選択していれば注文一覧が並んでいるので同じく長押しでOKです。

close trade

保有ポジションの決済方法

決済したい注文を長押ししメニューのクローズをタップします。決済ですのでストップロスとテイクプロフィットの変更はできずスリッページのみ指定可能です。オレンジのバーのクローズをタップすると決済完了で、確認画面も出ませんので注意しましょう。

mt4 iphone指値と逆指値mt4 iphone注文決済方法close postion

iPadは先ほどと同じです。

mt4 ipad注文決済方法

履歴の確認方法

過去の注文履歴や約定履歴、損益の合計などを期間指定をして閲覧可能です。アプリからはファイルに保存することはできないので、必要であればPC版から行いましょう。

mt4 iphone履歴の確認方法 mt4 ipad履歴の確認方法

 

パスワードの変更

パスワードを変更するには口座選択画面で鍵マークをタップします。

パートナー用パスワードとは、ログインしても取引はできないため第三者に教えることができるパスワードです。他にもインベスターパスワードや閲覧専用パスワードなどと呼ばれています。

mt4 iphone 設定mt4 iphoneパスワード変更mt4 iphoneパスワード変更

iPadでは口座一覧画面はワンタップで開けるので一手間楽です。

mt4 ipadパスワード変更

マスターパスワード、パートナー用パスワード共通して、現在のマスターパスワードを入力し新しいパスワードを2回入力して変更完了となります。

change master password

約定通知などをプッシュ通知で受け取る

アプリのプッシュ通知機能を利用すると、取引が約定した時、注文が変更された時、アラームが鳴った時その他マージンコールやロスカットの通知をスマホでリアルタイムに受け取ることが可能です。

しかし、あくまでもデスクトップ版MT4経由となるため、デスクトップ版が起動している時のみ通知を受け取ることができます。

まず初めにメタクオーツIDを確認します。設定画面のメッセージをタップし、画面下部に表示されるIDがメタクオーツIDです。

mt4 iphoneプッシュ通知mt4 iphoneメタクオーツID mt4 ipadメタクオーツID

設定内にメッセージが表示されていない場合、アプリのプッシュ通知を許可していない可能性があります。許可設定をしてください。

次にデスクトップ版MT4でメタクオーツIDを入力します。ツール->オプションを開き通知設定のタブで上記メタクオーツIDを入力します。テストボタンをクリックするとスマホに通知が行くはずなので、何も反応がなければメタクオーツIDを間違えている可能性があります。

MT4 metaquotes ID

これで設定は完了です。複数の業者のMT4に同じIDを入力しても問題ありません。過去の通知を確認するにはメッセージ画面から可能です。

アプリ使用中にスリープしないように設定

自動ロック解除を設定することにより、アプリ使用中は自動ロックしないようになります。長時間チャートを見る方は設定しておきましょう。設定方法は”設定”-“詳細”へ行き”自動ロックを解除”をオンにします。(画像ではオフになっています)

settings detailmt4 iphone自動ロックをオフにする

iPadではチャートの下に詳細があり、そこから設定画面を開くことができます。

mt4 ipad自動ロックをオフにする