XMで利用できる無料VPSの登録方法や使い方

XMが提携しているVPSサービスBeeksFX社のVPSの登録の仕方と使い方を紹介します。「XMの」と書きましたがBeeksFXという会社とXMは完全に別の会社です。他にもいろいろな海外FX業者がBeeksFXと提携しています。

XMから登録することで次のようなメリットとデメリットがあります。

メリット

  • 条件を満たせば無料
  • 取引口座から自動的に料金が支払われる
  • 取引サーバーは海外なので国内VPSより早い

無料条件は、5000ドル(約60万円相当)の口座残高を維持し1ヶ月に往復5ロット(50万通貨)以上取引、となっています。複数の口座を持っている場合は全口座のトータルで計算されるため1口座で条件を達成する必要はありません。ただし同じメールアドレスでの登録である必要があるので注意しましょう。

無料条件を満たしていない場合毎月28ドル(円口座は円換算)の利用料となります。取引口座に残高がある場合は自動で支払われるため楽です。ない場合は自動的にVPSが削除されるので注意しましょう。

デメリット

  • 日本語に対応していない
  • プランを変更できない

XMが独自にVPSサービスを提供しているのではなく、VPS業者のBeeksFXと提携しています。そのためXM経由で契約しても直接BeeksFXを利用するのとあまり変わりなく、VPSに関するサポートは直接BeeksFXから英語で受ける必要があります。

BeeksFXは様々なスペックのVPSやプランを用意していますが、XM経由で契約するとブロンズプランのみとなります。例えばブロンズプランはメモリ1.3GBですが、シルバープランは2.7GB、ゴールドプランは5.12GBとなりCPUもスペックも上がります。

XMのVPS BeeksFXブロンズスペック

また、年間契約をすることで10ヶ月分の料金で1年間利用なプランも用意されているので直接契約できる方はぜひ検討してみてください。

登録方法

まずは既存のXMのアカウントにログインします。複数の口座がある場合は、料金が引き落とされても良い口座にログインしVPSの登録を行ってください。

会員ページの右側のメニューからVPSをクリックします。

XM 無料VPS申請

確認画面がでるのでVPSをリクエストするをクリックします。

XMの無料VPS申請2

これでOKです。料金は即取引口座から引かれます。料金は毎月1回月初めに徴収されますが、初回のみは月末までの日割りで料金が発生します。

VPSへのアクセス方法

XM経由でも違いはありません。下記ページを参考にしてください。

BeeksFXのVPS登録方法と接続方法

MT4を日本語化

英語がデフォルトになっているので言語設定から日本語を選択します。

MT4日本語化

毎月の更新

毎月25日頃になるとXMからVPSの更新に関するメールが来ます。全て英語で書かれており、メールのタイトルは「VPS Service Balance Check」です。簡単に言うと引き落とし前に残高を確認してね、ということです。

チェックされる残高はもちろんボーナスは含まれていません。また、「残高-ボーナス額-必要証拠金*0.5」が判定の残高になるので、オープンポジションがあってギリギリ引き落とせない、またはギリギリ無料枠を逃すということがないようにしましょう。

特に引き落とせなかった場合はVPSが削除されるのでこれだけは避けましょう。逆に必要ない場合はそのまま放置でいいようです。

引き落とされる口座は最初に登録した口座からとなりますが、この引き落とし口座を変更するにはXMサポートに問い合わせる必要があります。例えばマイクロ口座から引き落としされる予定が残高がゼロで、スタンダード口座には十分なお金があったとしても強制解約になります。この場合、スタンダード口座を引き落とし口座に設定する場合はサポートに変更依頼を提出するのを忘れないようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

メガネくん

30歳チョイのメガネをかけた男性。長年FXに関わったので、勝ち組トレーダーにはなっていないが知識と経験だけが蓄積されました。最近はビットコインなどの暗号通貨も扱っています。