FXOpenにクレジットカードまたはネッテラーで入金する方法

海外FX業者のFXOpenに入金する手順を画像付きで解説します。入金するには本人確認が必要なので終わらせておいてください。

リンク:FXOpen公式サイト

会員ページにログインしたらメニューのAdd Fundsから入金したい方法を選択します。赤線部分のクレジットカードかネッテラーを利用する方が多いかと思います。

FXOpen入金方法

クレジットカードでの入金方法

クレジットカード入金では最初に、カード発行国とカードの通貨、カードの種類を選択します。画像のように選択したらNextをクリックします。

FXOpenクレジットカードで入金方法

なお、ここの注意書きにも書かれている通り、カード入金は30日経過しないと出金することができません。2016年6月末にこの条件は撤廃され、30日経過せずに出金することが可能になりました。

 

次は入金先口座と入金額を入力します。

FXOpenクレジットカードで入金方法2

Amountに入金額を入力すると下に赤字で手数料が表示ます。上記画像の場合、10000円入金で、手数料が251円となるため口座に反映される金額は9749円という意味です。最後にメールアドレスの入力をしAdd Fundsをクリックします。

この時Toの欄はデフォルトでウォレットになっていますが、取引口座を選択して直接入金することも可能です。

なお、Amountの下に赤字で「*Please note, JPY will be converted to USD using exchange rate 1 JPY – 0.00910 USD」のような文章が表示される場合は、両替が発生するという意味です。

FXOpenでは日本円で入金し、日本円のまま口座に反映することができるため、両替したくない場合は通貨の選択を見直し、すべてJPYで統一してください。

 

次のような画面が表示されるのでカード情報を入力しPAY NOWボタンをクリックします。これで完了です。

FXOpenクレジットカードで入金方法3

ネッテラーでの入金方法

ネッテラー入金の場合は次のような画面が表示されるので金額とネッテラーに登録しているメールアドレス(またはID)、とセキュアID(2段階認証がある場合はそのコード)を入力してAdd Fundsをクリックします。

FXOpenネッテラーで入金する方法

上記画像の場合、1000ドル入金で、手数料が30.29ドルとなるため口座に反映される金額は969.71ドルという意味です。

こちらでも無駄な両替が発生しないようにJPYで統一するようにしましょう。

入金が終わったら

入力を無事終えると次のような画面が表示されます。クレジットカードとネッテラーでの入金は即反映されるはずですので確認してみましょう。

FXOpen入金完了画面

なお、ウォレットの通貨はUSDだけでなく、JPYやEURなど主要通貨に対応しているので、複数の通貨で保有している場合次のようになります。

FXOpen日本円で入金

自動で通貨ごとに別れるため、ウォレットの通貨を変更するという概念はありません。

口座間資金移動

ウォレットに入金した資金を取引口座に移動、またはその逆、もしくは取引口座間の資金移動を行うにはメニューのTransferからInternal Transferを選択します。

FXOpen内部送金

 

チェックする箇所は4箇所です。まずは左側で送金元のアカウントを選び送金額をAmountに入力します。次に右側で送金先のアカウントを選択し、最後にPINコードを入力してSubmitをクリックします。

FXOpen内部送金2

これで完了です。資金移動は審査がなく全自動で行われるため即反映されます。

あとはMT4でトレードするだけです。お疲れ様でした。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。