海外FX業者FxProの情報まとめ。評判やスプレッド、入出金のことなどをリストアップ。

海外FX初心者の方でも一度は耳にしたことがある大手ブローカーFxPro。ボーナスは提供しないノンディーリングデスクタイプのブローカーで、追証なしや豊富な取引商品のラインナップで評判はそこそこだと思います。私が感じたFxProの魅力をシェアしたいと思います。

リンク:FxPro公式サイト

FxProの基本情報

FxProはヨーロッパを拠点とし、2006年より営業を行うグローバルなFXブローカーで、キプロスとイギリスにて認可・規制を受けています。現在では約200名の従業員がFxProに勤務しているそうです。キプロスオフィスの場所はこの辺りです。

FxProキプロスオフィス

FxProでは顧客の預け入れ資金は完全信託保全されているため、経営難による破産などで資金が消えることはありませんが、キプロスの法令に基づきFxProは投資家補償基金に加盟しており、何らかの理由で顧客に資金が返還されないといった場合、特別管財人が間に入り各顧客に最大2万ユーロ(200万円超)の補償を行えるようになっています。

FxProは海外FX業者の中でも有名で、かなり信頼できる業者です。唯一心配事は、日本金融庁の圧力によりキプロスブローカーが次々と日本撤退を余儀なくされているため、FxProもいつ利用できなくなってもおかしくないという点でしょう。もし日本人が利用できなくなると出金できなくなるわけではありませんが、ポジションの手仕舞いや資金の移動、移動先ブローカーを探す手間などがかかってしまい面倒だということです。

FxProの評判は?ストップ狩りはあるのか?

FxProの会社自体の評判悪くありません。イギリスFCAの許認可も得ており、様々な事情で断念したそうですがロンドン株式市場に上場する話もありました。かなり大手ですし、おそらくFxPro自体もライバルはOANDAやFOREX.comとしているくらいだと思います。

では、トレード環境における評判はどうでしょうか。ストップ狩りを行っているのではないかと疑問がネット上で見かけられますが、個人的にはスプレッドの拡大の範囲ではないかと思います。それにストップ狩りを疑うなら後述するエージェンシーモデルを根底から覆す疑いになってしまいます。

個人のストップオーダーをピンポイントで狙ったストップ狩りは古典的なテクニックで、今どきなかなか見れるものではありません。悪評はすぐにネットで拡散される時代ですし。

しかし実際に、滅多にありませんが、他社と比較してちょっとスプレッド広がりすぎじゃない?と思うことはあります。そういうのは指標を避けたり、MT4ではなくcTraderを使うなど自衛手段はあるので問題ないと思います。

ビジネスモデル

FxProは2012年「エージェンシーモデル」に移行しました。このエージェンシーモデルとは、FxProがトレーダーの注文をダイレクトに流動性供給元に流し注文をマッチングするということです。トレーダーのメリットは、透明性が増すこと(レート操作などなし)、ストップ狩りなし、スキャルピングや両建て、EAの利用など取引に一切制限がありません。

実はエージェンシーモデルに移行することにより、レート操作やトレーダーの注文をカバーせずに自社で処理するなどの、トレーダーに損な事をしなくなるのでFX業者の収益性が落ちると言われています。しかし、日本のクリック証券やDMM.com証券などが行っているビジネスモデルは世界的には古いのでそれから脱却したということですね。

エージェンシーモデルでは、通常取引ボーナスは提供できないためFxProではボーナスの類のサービスは一切ありません。取引ボーナスというのは、ヨーロッパで大人気のオンラインカジノやブックメーカーなどギャンブルにおいて提供されるものであって、FXはギャンブルと一緒にするべきではないというのがFxProの考えだそうです。

追証なし

多くの海外FX業者が追証を請求しないということで有名ですが、FxProでも追証はありません。最大レバレッジは500倍で証拠金維持率が20%以下でロスカットが発生しますが、ポジションの総量で最大レバレッジが変化したり、指標など大きな相場変動が期待される場合は予めレバレッジ規制が行われるので簡単にはマイナスにならないようになっています。

レバレッジ規制があると海外FXの意味が無いと思う人もいるかもしれませんが、こうしないと破綻する恐れがありますし逆に一切レバ規制をしない露骨なマーケットメイカーは海外では時代遅れです。

日本語サポート

FxProでは日本語サポートが在籍しているので英語は一切必要ありません。本人確認書類も全て日本語のもので承認されます。問い合わせはメールでもOKですが、リアルタイムで即対応が必要な場合は電話かライブチャットを利用しましょう。サポート時間は日本時間15時から23時まで可能です。なお、英語であれば24時間週5日対応しています。

入金について

現在日本人はネッテラーとスクリルを利用して海外FX業者に入金できないため、クレジットカード、国内送金、ペイパルのいずれかを利用して入金することになります。

出金について

まず入金額と同額までは入金方法と同じ方法で出金する必要があり、それ以上の金額(利益分)は銀行送金でのみ出金可能です。

複数の入金方法を利用した場合は以下の優先順位で処理されます。

  1. クレジットカード
  2. ネッテラー、ペイパル、スクリル
  3. 銀行送金

国内送金で入金したものは例外で、入金額分も海外送金による出金になります。また、利益分なども国内送金による出金は不可能ですべて海外送金になります。

取引口座の種類

ちょっと数が多くてわかりにくいのですが、MT4かcTraderのどちらかになります。正直MT5を使っている人は相当レアですから。FxProでは資金量に応じてスプレッドや手数料が変わることはないので単純に自分にあった口座タイプを選べばよいでしょう。

個人的にはスプレッドの狭いMT4 Market決済口座かcTrader口座をおすすめします。

cTraderはMT4の欠点を補った非常に優秀な取引プラットフォームで、手動取引をする方、特にスキャルパーに好評のツールです。

リアルタイムスプレッド

MT4とMT5のスプレッドは同じで、MT4固定スプレッド口座では主要通貨のみ固定スプレッドで提供されています。cTraderのスプレッドはFxProが一切手を加えていないインターバンクからの生のスプレッドが配信されます。

MT4とMT5口座のスプレッド

cTrader口座のスプレッド。手数料は10万USDあたり4.5USDなので、EURUSDであれば0.45ピップス相当です。これは片道なので決済時にもさらにかかります。

また、FxPro公式サイトで全商品リアルタイムスプレッドやスワップ、簡易チャートなどの詳細なデータを確認することができます。

リンク:FxPro公式サイトのスプレッドと取引可能銘柄一覧

口座開設方法

口座開設は日本語で行えるので全く難しくはありませんが、下記ページで手順を紹介しているので参考にしてみてください。

FxProの口座開設手順を画像付きで詳しく解説

まずはデモ口座から始めたい方はこちらを参考に。

FxProのデモ口座開設の詳しい手順を紹介

リンク:FxPro公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

メガネくん

30歳チョイのメガネをかけた男性。現在はFXのテクニカルトレードによる投資とビットコイン投資を行っています。今の目標は、自分が投資で儲けることではなく、知識がなくてもできる投資の情報や手段を提供することです。