FxProのMT4,MT5アカウントのスプレッドが縮小

FxProが提供するMT4変動スプレッド口座とMT5口座におけるメジャー通貨のスプレッドが縮小されたと発表されました。EURUSDやUSDJPYは最低0.6ピップスからの配信となり、大手FXブローカーでもかなり狭いスプレッドを提供することとなりました。

メジャー通貨とは

FxProにおけるメジャー通貨はEURUSD、GBPUSD、USDJPY、USDCAD、AUDUSD、NZDUSD、EURGBP、EURJPY、GBPJPYとなっており今回スプレッドが縮小されたのはこれらの通貨ペアとなります。

実際のスプレッド

日本時間16時頃に撮影した30秒間のGIF画像で実際のスプレッドの動きを見てみましょう。グレーで表示されている通貨がメジャー通貨で、.fixがついている通貨は固定スプレッドとなっていますので比較もしてください。

fxproのスプレッドGIF画像

最低0.6ピップスからとなっており、実際に0.6ピップスになることが多いので好印象です。しかし、以前に比べると変動幅に安定性が無くなったように見え、GBPJPYでは瞬間的に1.5ピップスから2.0ピップス変動することもあります。

FxProでは許容スリッページの設定が可能なので、スリッページが嫌な場合は設定するようにしましょう。

MT4許容スリッページの設定

FxProでは全通貨ペアのリアルタイムスプレッドを公式サイト見ることができるため、デモ口座の開設が面倒な方も是非チェックしてください。

過去のスプレッドの比較

FxProでは、各通貨のリアルタイムスプレッドだけでなく、過去のスプレッド遷移も確認することができ、さらに他の大手FXブローカーとの比較も可能となっています。

つい最近になりこの比較対象にXMが追加され、現在はOANDA、FOREX.com、ADS、Markets.comとの比較を行っています。

cTrader口座のスプレッドも縮小?

今回のアナウンスではcTrader口座のスプレッドについては触れられていませんが、明らかに以前より狭くなっているのが分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

メガネくん

30歳チョイのメガネをかけた男性。長年FXに関わったので、勝ち組トレーダーにはなっていないが知識と経験だけが蓄積されました。最近はビットコインなどの暗号通貨も扱っています。