FxProが新たに取引口座タイプを追加。既存の口座と比較してみました。

FxProのMT4口座にあらたにMarket Execution(マーケット決済)口座が追加されました。既存のMT4口座との違いやスプレッドなど、どちらがお得なのかを検証してみましょう。

リンク:FxPro公式サイト

追加されたマーケット決済口座とは

MT4ではInstant(即時)決済とMarket(マーケット)決済の2種類があり、これは全ブローカー共通です。FxProの既存の変動スプレッドと固定スプレッド口座は前者の即時決済でした。

一言で違いを言うと、即時決済はブローカーが顧客の注文を一旦内部で決済し、反対にマーケット決済はブローカー内部で決済されずにそのままカバー先などに流されるといった感じです。

FxProによると、今回追加された新しい口座のほうがスプレッドが少し狭いそうですが、この2つの違いはあくまでも決済の処理に関することなので直接ユーザーに影響が大きいかというとそうでもありません。

即時決済とマーケット決済どちらが良いか

FxProにおいては公表されている通り、少しスプレッドが狭いマーケット決済口座のほうが良いかと思います。ではFxProに限らず、MT4ブローカーを選ぶ際に即時決済タイプとマーケット決済タイプのどちらが優れているのか、というとどっちもどっちです。

即時決済の特徴は、ブローカーが独自にレートを配信するためスプレッドを固定にすることができたり、ブローカーが約定を拒否したりすることを可能にします。その代わりとして、マーケット決済ではできない許容スリッページの設定が可能です。

マーケット決済の特徴はスプレッドを固定することができず、約定拒否も基本ありませんし、即時決済と違い許容スリッページを設定することができないので、注文を出したら最後、基本的にどれだけ滑っても約定してしまいます。

しかしMT4は、上記基本事項を無視するかのような使い方が技術的に可能です。マーケット決済はスプレッドを固定にするなど、レートを変更するようなことはできないから信用できるかというとそうではなく、スプレッドをいじってレートを変動させることは可能ですし、約定を遅延させることだって可能です。MT4はとにかくブローカーに有利なことが多く実現可能なので、MT4という時点でもはや決済方式はどちらでも影響は大きくないということです。(悪徳業者ばかりではありませんよ)

マーケット決済であるECNは、一般的にはユーザーにメリットが多いとされますが、日本ブローカーのGMOクリック証券やDMM FXが狭い固定スプレッドを提供するにはマーケット決済では成り立ちません。これらのブローカーはMT4ではありませんが、取引相手がブローカーであることが共通しています。

しかしGMOクリック証券などでは勝てないかというとそうではありませんので、最終的には人それぞれどちらがいいかは異なるということですね。

即時決済はノミ?マーケット決済はノンディーリングデスク?

実際そうではなく、FxProのように即時決済であっても”ノミ”ではなく直接カバー先に流しているノンディーリングデスクタイプもありますし(FxProではエージェンシーモデルと呼称) 、”ノミ”の代名詞でもあるボーナスを提供するブローカーであっても、マーケット決済方式が可能です。

本当にノンディーリングデスクが良いならMT5かcTraderを使えば確実で、MT4を使うのであればさほど気にすることでもないかと思います。

リンク:FxPro公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

メガネくん

30歳チョイのメガネをかけた男性。現在はFXのテクニカルトレードによる投資とビットコイン投資を行っています。今の目標は、自分が投資で儲けることではなく、知識がなくてもできる投資の情報や手段を提供することです。