海外FX業者FXOpenに関する情報まとめ

FXOpenはどのような会社で、利用する上で信用することができるのか、という問題ですが、日本人には馴染みがない割にはそこそこ有名です。イギリスとオーストラリアでライセンスを取っていますので問題ないどころか優秀なほどです。

しかし、問題は日本人が利用する場合はどちらの規制下にも登録されないということです。海外FX業者は1つの会社が複数のライセンスを持つというより、複数のグループ会社でそれぞれライセンスを持つため、イギリス認可のFXOpenはFXOpen Ltd、オーストラリア認可はFXOpen AU Pty Ltdとなり、日本人が利用可能なのはネイビスに登録されているFXOpen Markets Limitedとなります。

イギリスに認可されたブローカーでは、会社破綻時に一人あたり最大5万ポンドまでの補償がありますが、日本人がFXOpenを利用してもこの補償の対象にはなりません。前述のとおり、同じFXOpenでも登録先がネイビスとなるならイギリスの補償を受けることはできませんし、日本人はイギリスに登録することもできません。

ネイビスはいわゆるオフショアであるためネイビスという国には登録だけで現地にオフィスはありません。規制がゆるいネイビスで、イギリス・オーストラリアライセンスで受け入れることができない顧客を受け入れており、ゆるい規制により柔軟なサービスを提供しているというわけです。下記ページでオフショアとオフショアブローカーについて説明しています。

規制がゆるいということは残念ながら強い顧客保護はありませんが、イギリスなどのライセンスがあるということはそれだけグループ会社として潰れる心配は少ないということなので、ネイビスやセーシェルやベリーズなどのライセンスしか持たないブローカーに比べるとまだ優位性はあるでしょう。

顧客保護

FXOpen Markets Limited(イギリス、オーストラリアは除外)はThe Financial Commissionに加入しているため、各顧客は2万ドルの補償を受け取ることができるようです。
http://financialcommission.org/members/participating-members-of-the-financial-commission/

どういったタイプのトレーダーに向いているか

FXOpenはECN・STPブローカーなので、ノンディーリングデスクタイプのブローカーを選びたい方におすすめで、スキャルピングやEAなどどんなタイプのトレーダーにも向いています。

FXOpenの評判

大手口コミサイトのForex Peace Armyの評価は、可もなく不可もなくといった感じです。たまに寄せられる苦情は他のブローカーでもあるようなもので、Forex Peace Armyも特別FXOpenの利用に関して注意喚起していません。

日本語ページや日本語サポートの有無

2016年5月現在日本語ページも用意されておらず、日本語サポートも存在しません。実際どちらもあれば便利ですが、ないほうが将来的に日本人お断りになる可能性が少しでも減るので、「多少不便でもOK」や「英語でやり取りできる」や「トレード環境最優先」という方には良いでしょう。

なおサポートに聞いてみると、本人確認は日本語の書類でOKという回答でした。

どうしても日本語サポートが必要な方は、他の業者を検討したほうがいいでしょう。サポートの対応は非常にいいです。

追証の有無

まず前提として、私のサイトではサポートの公式回答か自分の実体験しか掲載しません

サポートの回答は、マイナスになった場合次回の入金からマイナス分を差し引く、とのこと。ということは追証はあります

私はFXOpenを利用していますが、マイナスになったことがありません。ならないようにしているので、おそらく今後も実体験をレポートすることはできないので、本当に差し引かれるかは不明です。

どうしても追証に関して不安がある方は、マイナス体験者からコメントいただいているので、ページ下部のコメント欄も参考にしてください。

口座タイプ一覧

取引口座の種類は次のようになります。

マイクロ口座

マイクロ口座は特殊で、いわゆるセント口座です。また、ECNではなくマーケットメイカータイプのトレードになるためECN口座とは根本から異なります。例えば1 USD入金すると100 USC(セント)の口座残高になるので、実質ロット数が100分の1になるということです。あまり親しまれているシステムではないのでよくわからない方も多いですが、要するにかなり少額で取引したい方向けです。

STP口座とECN口座

STP口座とECN口座の違いは、スプレッドマークアップ(手数料無料)か手数料制かの違いです。コストを重視するなら絶対にECN口座のほうが安くなりますが、都合上手数料が無料でスプレッドが広いほうが良いという場合のみSTP口座を利用すればよいでしょう。

なお、PAMMアカウントにもPAMM STP口座とPAMM ECN口座がありますが、どちらも基本的な仕様は同じでPAMMアカウント用というだけです。詳しくはこのページのPAMMアカウントの項目をご覧ください。

ECN口座の手数料

ECN口座の取引手数料は、次の表のように入金額と前月の取引量により優遇があります。

見ての通り、1000ドル未満の残高はかなり冷遇されているため、出来る限り1000ドル以上入金するほうが良いでしょう。また、1.8ドルから1.5ドルに下げる場合も苦労の割にさほどお得感はないので、ほとんどの方は2.5ドルか1.8ドルの手数料を狙うのが良いでしょう。

ちなみに他社と比較するとFXOpenの手数料はかなり安いレベルですが、例えばXMやFxProはその分規制の強さと入出金手数料が無料というように、一長一短あるということですね。

手数料に関する知識

ECN口座の手数料の基本的なことを、一番高い5ドルの手数料を例に説明します。また、10万通貨の取引(一般的に1ロット)をする前提です。

手数料は5ドルではなく正確には5通貨となり、往復で10通貨となります。この5通貨の意味がわかる方には難しくありませんが、USDJPYとEURUSDの場合5通貨とはいくらになるのでしょうか?答えは、5USDと5EURです。では、GPBUSDではどうでしょう。答えは5GBPです。

全然難しく考える必要はなく、通貨ペアの左側の通貨が単位になるだけです。その後、自分の取引口座の通貨に換算されたものが手数料として差し引かれます。ということは、通貨ペアごとによって手数料は異なるということです。

ちなみにこれはFXOpenだけではなく、XMのECN口座でも、FxProのcTrader口座の取引手数料でも同じ仕組です。

FXOpenのスプレッド

STP口座とECN口座のリアルタイムスプレッド

Crypto(クリプト)口座とは

クリプト口座はビットコインなどの暗号通貨のトレードに特化した口座です。暗号通貨専用なのでドル円などの通貨は取引できません。ちなみに、暗号通貨の取引は土日も可能な年中無休です。

FXOpenクリプト口座の商品一覧

入出金方法

クレジットカードやネッテラーやスクリルなど日本人の利用頻度が高いものは一通り対応していますが、日本国内送金には対応していません。

注意事項として、カード入金の場合は入金から30日経過しないと出金することができません。(返金処理は可能とのこと)。また、その30日間は利益も出金することができません。現在は可能になりました。さらにカードで出金できる最大金額は2000ドルと少額です。(回数は無制限)

入出金手数料は次のようになります。

もっともおすすめの入金方法はビットコインです。FXOpenはウォレットのアドレスを指定して入出金可能で、他の決済サービスを通しません。ネッテラーが使えなくなったような心配を減らすことができます。

さらに口座通貨にビットコインを指定することができるため、海外FX業者で唯一ビットコインのまま両替無しで利用することができます。高額な送金・両替手数料もありません。私がFXOpenを気に入っている理由です。

ボーナス

FXOpenでは3種類のボーナスが提供されています。

まずは利用頻度が高いであろう、STP口座専用の未入金ボーナスについてです。登録後STP口座を開設し携帯電話でSMS認証を行うだけで10ドル分のボーナスを受け取ることができます。このボーナスは出金できませんが、2ロット(20万通貨)の取引後は利益をすべて出金することができます。

2つ目はマイクロ口座専用のウェルカムボーナスですが、こちらはマイクロ口座に入金すれば1ドルのボーナスを受け取ることができ、1000ロットをトレードすればボーナスも含めて出金することができるというものです。

3つ目はデモコンテストに勝利すると受け取ることができるボーナスです。
https://www.forexcup.com/

ECNブローカーは基本ボーナスを提供しないことが多いですが、FXOpenでは提供されています。しかし金額が非常に少ないので個人的には利用をおすすめしません。理由としては、ボーナスは有利になることがある反面、アービトラージなどの不正行為の監視、それに伴う利益取り消しや出金条件の存在などがありますし、そもそも継続的に利益を出すトレーダーにはボーナスはメリットが少ないからです。

2種類のMT4

FXOpenでは利用可能なMT4が2種類用意されており、通常のMT4とMT4 ECNというものがあります。その名の通り、本来ECN用に作られていないMT4をECN用にカスタマイズしたようなものです。ECN口座とクリプト口座を利用するなら後者のMT4 ECNをインストールするようにしましょう。

リンク:公式サイトMT4ダウンロードページ

実際、違いはあるのかという問題ですが、あります。板情報を表示できますし、部分約定も実現しています。

FXOpen専用ワンクリックトレードプラグイン

通常のワンクリックトレードより高機能で、一括決済などもこのプラグインからできるのでECN口座を利用するのであれば入れておいて損はありません。

FXOpenワンクリックトレードプラグイン

ダウンロード
https://www.fxopen.com/en/traders-tools/

インストール方法
https://support.fxopen.com/Knowledgebase/Article/View/70/483/installation

使い方
https://support.fxopen.com/Knowledgebase/Article/View/71/483/activation

上記ページは全て英語ですが、画像だけを見てもわかりやすいと思います。

PAMMアカウント

FXOpenの大きな特徴の1つとしてPAMMアカウントが提供されており、簡単にトレードを託す側/託される側になることが可能です。

PAMMアカウントを利用することで、自分でトレードせずに資産運用も可能ですし、トレードで稼ぐことができる人はマスターと呼ばれる配信者になることで手数料収入を得ることができるようになります。

PAMMとは、自分のお金を他人に運用してもらうシステムのことですが、コピートレードとの違いは、コピートレードであれば自分の口座にトレードが自動的にコピーされますが、PAMMの場合は他人にお金をそのまま渡します。渡すと言っても、本当に渡ってしまうと問題なのであくまでも仮想的に渡ります。そうすると託された側は他人のお金と自分のお金を合算してポジションを取ることができ、利益が出た場合にあらかじめ設定した%で投資家に配分されることになります。

PAMMは実際に詐欺やそれに近いものが多いのが事実ですが、FXOpenのPAMMに関してはそういった不正はできないようになっています。もちろんプロの投資家ばかりではないので簡単に損失を出すということは十分にありえます。

PAMMトレーダー一覧はこちらから見ることができます。やはり目立つのは異常に利益率が高く、安定性がなさそうなPAMMばかりですが、検索機能もそこそこ充実しているのでお目当てのトレーダーを見つけやすくなっています。

リンク:公式サイトPAMMアカウントランキング

FXOpenの口座開設方法

サイトは全て英語なので不安な方は下記ページを参考にしてみてください。

FXOpenの登録から本人確認書類提出まで解説

6 件のコメント

    • 追証ありと認識したほうが良いでしょう。高額な追証が発生しないように適切なリスク管理は必須です。
      現在もサポートに詳しく聞いている最中ですが、マイナスになった場合、次の入金時にマイナス額が入金額から差し引かれます。これはマイナスになっていない口座に入金しても差し引かれるそうです。そのため、追証状態は取引口座単位ではなくユーザー単位で管理されるという認識が適切です。
      払える金額の追証が発生した場合、引き続きFXOpenを利用するなら追証は払って、払えないような金額の追証であれば諦めて別の業者に移動するというのが良いかもしれません。ただし、残った資金を出金できるとは限りません。ウォレットに残った残高を追証の充填に利用される可能性も考慮しておきましょう。

  • 私は数日後に0になりマイナス消えましたけど
    ためしに他の口座から小額入れたけど引かれはされてないです。
    出金する時にひかれるのでしょうかね?
    トレードしたいけどそう思うと入金考えてしまう。
    はっきり分ればいいのですが・・・

    • 追証に関しては、他のブローカーでもサポートの回答と実際の対応が違うことがあったので、FXOpenでも実際には入金時に差し引くということはしないのかもしれません。
      高額なマイナスと少額のマイナスで対応が違うかもしれませんし、こればかりは実際に起こってからでないとわからないですね。
      もし心配であれば、少し面倒ですが一度全額出金してから再度入金するということもありかもしれません。

  • こちらのHPをみて口座開設しようと思うのですが
    XMだと逆指値40pips以上からしか入れれないのですが、こちらは何pipsから逆指値いれれるんでしょうか?
    ほかに低pipsで逆指値を入れれる口座あったら教えていただけるとうれしいです
    (国内は低pipsで逆指入れれるがレバレッジが低い)

    • FXOpenでは逆指値の制限はありません。XMでも制限は40pipsではなく40ポイント(4pips)ですね。
      その他にはAxioryのMT4口座でも制限はなく、FxProやAxioryの提供するcTraderでもMT4と違い制限はありません。
      4pips以上制限しているところはあまり多くないと思います。少し前までMT4上では40 pointではなく40 pipsと不具合で表示されていましたが、さすがに40pipsは凶悪すぎるので安心してもいいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    メガネくん

    30歳チョイのメガネをかけた男性。長年FXに関わったので、勝ち組トレーダーにはなっていないが知識と経験だけが蓄積されました。最近はビットコインなどの暗号通貨も扱っています。