FXOpenで口座通貨に金、ビットコイン、ライトコインが選択可能に

FXOpenがこの度、選択可能口座通貨に金(GLD)、ビットコイン(MBT)、ライトコイン(LTC)を追加したことを発表した。これらを選択可能なのはECN、STP、Crypto口座の3口座のみとなる。 FXOpenはいち早く暗号通貨のビットコイン取引などを取り入れ、さらには暗号通貨での入金も受け付けており、暗号通貨取引を求めているトレーダーには良いブローカーかもしれない。

Cypto口座とは

Crypto口座とは暗号通貨取引専用の口座のことで、現在では13種のペアしか提供されていないが、ビットコイン・米ドル(BTCUSD)やライトコイン・ビットコイン(LTCBTC)など珍しいものが取引できる環境が提供されている。

しかも、FXOpenはビットコインやライトコインでの入金を手数料無料で受け付けている。ビットコインで入金しビットコインを取引することが可能だ。

現時点で13ペアのみ取引可能で、取引手数料も割高なので今後のさらなる進展に期待だが、やはり暗号通貨の取引は中国からの需要が大きいのか、BTCCNH(ビットコイン・中国元)やLTCCNH(ライトコイン・中国元)がつい最近取引可能ペアに追加された。 暗号通貨取引に興味のあるトレーダーは、FXOpenの今後のさらなるサービスの充実を期待しよう。

リンク:公式サイト