ビットコインで海外FX業者のFXOpenに入金してみた

ネッテラーでギャンブルサイトや海外FX業者への入金ができなくなってきたのを機会に、ビットコインでの入金を試してみることにしました。

ビットコインの利用はまだまだマイナーですが、すでに海外FX業者の入出金に利用する環境は整っており、ギャンブルサイトや海外FX業者の利用で発生していた問題は概ね解決可能かと思います。

なぜビットコインなのか

ネッテラーとスクリルが海外FXの入金に使えなくなると、日本人にとって便利な代替サービスがありません。同じ電子マネーサービスは星の数ほどありますが、日本語に対応していない、国内送金での入金ができない、そもそも海外FX業者が対応していないなどの問題点があります。

ビットコインも対応している海外FX業者は少ないので現時点では別段優れているわけではありませんが、個人的にこれから日本人のために入出金方法を増やすのであればビットコインがいいのではないかと思っているからです。

海外FX業者にビットコインで入金する流れ

初心者でも全く難しくありません。ビットコインを購入してそれを海外FX業者に送るだけです。

ビットコインで海外FX業者に入金する流れ

見ての通り、ネッテラーがビットコイン取引所に置き換わっているだけです。この取引所というのはビットコインを日本円で手に入れる場所です。ビットコインはウォレットというものに保管するのであって取引所に保管しなくてはならないというわけではありません。すでにビットコインを保有していれば、取引所を介さずに海外FXへ送金できます。

ビットコインの盗難といった問題が多発しているので、高額のビットコインを購入して取引所に保管しておくという方は稀だと思います。当分は海外FX業者への入金分だけを、都度取引所に入金してビットコインに換金するという方法で良いと思います。

日本のビットコイン取引所をGoogleで検索すると

ザイフ https://zaif.jp/
ビットフライヤー https://bitflyer.jp/ja/
コインチェックhttps://coincheck.com/

などが上の方に出てくるので、好きなところを利用してください。仕組みは同じなので、手数料が違うとかその程度の違いだけです。私はbitFlyerを利用してみました。特に選んだ理由はありませんが、銀行口座の認証はすぐに終わり、入金の反映も営業日であれば数時間で反映されるので満足しています。

FXOpenに入金してみる

ビットコイン入出金を受け付けているFXOpenで試してみました。

海外FX業者FXOpenに関する情報まとめ

まずbitFlyerに入金をします。今回は1万円を入金しました。そして全額ビットコインに両替。この辺りの手順はお使いの取引所のヘルプなどを参照してください。

bitflyerの残高

次にFXOpen側で入金手続きを行います。FXOpenでは口座通貨にビットコインを選ぶことが可能です。

FXOpenにビットコインで入金

送金先アドレスとQRコードが表示されます。スマホから送るときなどはQRコードを使ったほうが楽ですね。

FXOpenにビットコインで入金2

bitFlyerで先ほどのアドレスに送金を行います。

bitFlyerからビットコインを外部に送金

後はFXOpen側で反映されるのを待つだけです。反映されるとこんな感じです。

FXOpenにビットコインで入金3

FXOpenは直接ビットコインを扱っている

他にも「ビットコインで入出金ができる」という海外FX業者は存在します。同じ「入出金ができる」といってもFXOpenは直接ビットコインを扱っています。これは暗号通貨の取引所と同じ感じです。

ネッテラーが潰されてしまったことを考えると、ユーザーにとってこれは大きなメリットだと思います。

メガネくん

初めてビットコインを使いましたが、bitFlyerでのアカウント作成、ビットコインの送金などとても簡単でした。ビットコインは現物ですが、あまり深く考えず電子マネーのような扱いで問題ありません。

また、アカウントの承認や銀行口座からの入金反映なども早いので待たされることはありませんでした。アカウントの準備さえしていれば日本の銀行口座からFXOpenの取引口座まで1〜3時間程度で済むでしょう。

FXOpenの場合、口座通貨にビットコインを選択できる珍しい業者で、ビットコインのまま保有することができますが、TradeviewAxioryのようにビットコイン入金は可能でも普通の通貨しか選択できない場合が多いです。その場合はブローカー側で日本円などに換算されて口座に反映されます。

今のところ、クレジットカード入金や国内送金による海外FX業者への入金が可能なので急いでビットコインを利用する必要はありませんが、いざという時ビットコインの利用も考えてみると良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

メガネくん

30歳チョイのメガネをかけた男性。長年FXに関わったので、勝ち組トレーダーにはなっていないが知識と経験だけが蓄積されました。最近はビットコインなどの暗号通貨も扱っています。