スプレッドが狭い海外FX業者はこれ!10社以上比較して見つけた優良業者

日本人に人気の海外FX業者を10社以上比較した結果の、スプレッドが最強な業者を2つ紹介します。

狭いスプレッドが絶対条件!けれども使いやすさも大事という人向けです。日本語サポートや入出金の利便性も考慮してます!

オススメNo.1 Tradeview Markets

リンク:公式サイト

TradeviewのcTrader口座は、手数料が安いのもありますがリクイディティプロバイダーが他社より優秀なため、私が見た中で一番スプレッドが狭いです。

これはリアルタイムのデータです。手数料は10万通貨あたり2.5ドルです。

TradeviewではMT4口座とcTrader口座があります。MT4口座も同じくらい優秀なスプレッドなのですが、MT4とcTraderの違いはマイナススプレッドが発生するかどうかです。MT4ではマイナスになることはないのでcTraderのほうが若干優秀です。

けど本当にわずかなので、どうしてもMT4がいい人はMT4でもいいと思います。

ですが、個人的にはMT4よりcTraderのほうが優秀と思っているので、ぜひともcTraderにチャレンジしてほしいです。

オススメNo.2 Axiory

ナンバー2にしてますが、人気の勢いはAxioryのほうがあります。

Axioryはリアルタイムのスプレッドを公式サイトで公開しているのでこちらから見れます。

GIF画像版も参考にどうぞ。リアルタイムではないですが特定の瞬間の30秒間のレートの変化を見てください。

まずは手数料無料のスタンダード口座のスプレッドから。

Axioryスタンダード口座のスプレッド

次にナノスプレッド口座のスプレッドです。手数料は10万通貨あたり3ドル。

Axioryナノスプレッド口座のスプレッド

海外FXではこれがほぼ限界

国内のFX業者とはビジネスモデルが違うので、スプレッドに関してはこれ以上を求めるのは現実的ではないです。

機関投資家が得られるような優遇なら、手数料をまだカットできる余地はありますが…

どちらの業者も、手数料の安さとスプレッドの狭さはこれ以上を要求する必要はないと言えます。

手数料タイプのECN

TradeviewとAxioryのどちらも、手数料タイプの取引口座が用意されていて、cTrader口座があるという共通点があります。

ここにスプレッドが優秀な理由があります。やっぱり手数料タイプのほうがコストは安くなる傾向にあります。

いくつもの流動性供給元と契約して、一番優秀なレートを提供するというシンプルなものです。だからスプレッドに自社の利益を上乗せなんてせずに手数料を取ることで、透明性をアピールしているのがウリです。しかも手数料も安い。

まぁMT4はECNではないので、真のECNを求めるならMT4ではなくcTraderを使いましょう。MT4みたいに全決済ができないとかアホなことはありません。メモリはめっちゃ食いますけどw

日本語サポートは完璧

スプレッドが優秀でも不便だと意味がないと思います。実際日本語サポートがある業者は人気です。

Tradeviewのサイトはあまり日本語に対応してなさそうな雰囲気を出していますが、問い合わせればしっかりと日本人が対応してくれます。片言の日本語ではないです。

入出金の便利さ

TradeviewもAxioryもビットコイン入出金に対応しています。といってもまだ主流ではないので、ほとんどの人は国内送金かクレジットカードを使うと思います。Mybitwallet経由なら海外送金を一切使わず、利益分も出金できます。

入り口から出口まで完璧です。

しかもビットコインやMybitwalletを使えば、この2つの業者間の資金移動もスムーズです。

メガネくん

迷ったらどっちも使ってみることをオススメします。分散することは大事ですから。

そもそも、Axioryのほうが劣っているとはまったく思っていません。正直、なんとなくですw

この2つの業者はスプレッドが狭いのでオススメという感じに書きましたが、総合的にもオススメの業者です。

Tradeviewについて詳しく書いている記事もあるのでこちらもどうぞ。

Tradeviewの評判が良い理由を調べてみた

Axioryについてはこちら。

Axioryの評判が良いので理由を探ってみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

メガネくん

30歳チョイのメガネをかけた男性。長年FXに関わったので、勝ち組トレーダーにはなっていないが知識と経験だけが蓄積されました。最近はビットコインなどの暗号通貨も扱っています。