海外FX業者Axioryのまとめ。評判やスプレッドなど。

ほどほどに人気上昇中の海外FX業者、Axioryについての情報をまとめました。

Axiory(アキシオリー)という会社について

まずAxioryはベリーズのFX業者で、2013年7月から営業を行っています。業界ではまだ若いほうですね。また、サポートなどは実際にはチェコで行われています。

リンク:公式サイト会社概要

Axioryだけに限ったことではないですが、ベリーズのブローカーで強い顧客保護は期待できません。ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)の許認可を受けていますが、これは法律に従って運営していますよという証明であって、なにか強い法律でそのブローカーを縛っていたり顧客にメリットがあるわけではありません。

公式サイトのライセンスに関するページもチェックすることをおすすめします。上記IFSCの許認可以外にも顧客資産の保管方法やThe Financial Commission(最大5000ドルまで第三者補償が受けられる)についてなどが書かれています。

口コミとか評判


Forex Peace Armyという一番有名なレビューサイトを参考にしてみてください。現時点では普通ですね。

体感的にもそこまで悪い評判は聞いていないです。ボーナスを提供していないので圧倒的にトラブルが少ないです。

具体的な数字は不明ですが、Axioryの主な顧客は日本在住者であると想像できます。ですので、海外の口コミは少ないです。

ノンディーリングデスク

Axioryはボーナスを提供しないNDD(ノンディーリングデスク)タイプのブローカーです。なのでMT4はともかくNDD環境でしか動作しないcTraderも提供されています。NDDなのでもちろん手数料制の口座が用意されており、手数料がスプレッドに含まれているスタンダード口座も一応用意されています。

取引口座の比較

取引口座の種類は2種類あり、スタンダード口座とナノスプレッド口座という名称です。さらにMT4とcTraderの2種類の取引プラットフォームが用意されています。

見ての通り、ほとんど比較する意味が無いほど違いがありません。手数料ありなしMT4cTraderかを選ぶくらいです。

公式サイトの取引口座に関するページでも詳細を確認しておきましょう。

スプレッド

リンク:公式サイトリアルタイムスプレッド

公式サイト上で、詳細なデータが掲載されています。特に平均スプレッドの項目が参考になります。

一番お得な口座タイプはどれかという問題ですが、まずMT4とcTraderでは差はありません。見る限り全くと言っていいほど同じです。よほどMT4でないとダメな理由がない限り同条件ならcTraderをおすすめします。

では、スタンダード口座とナノスプレッド口座を比較した場合どちらが狭いかですが、ナノスプレッド口座の手数料は10万通貨のトレードに対し3USD(往復で6USD)なので、手数料を考慮してもナノスプレッド口座のほうがトータルで得なケースが多いと思います。

個人的に、手数料ありとなしを選ぶ場合、なしを選ぶ理由がありません。安い以外にも手数料は常に一定ですがスプレッドはブローカーによって広げられるからです。

追証

Axioryでは追証、つまり預けた金額以上の損失は発生しても支払う必要はありません。以下公式より引用。

AXIORYでは、ストップロス保証、ゼロカット方式により、証拠金(預け入れた金額)以上に損失が膨らむことはありません。

公式サイトのレバレッジや追証についてのページに記載されています。

ちなみにロスカットの発動は証拠金維持率20%以下で発動です。一般的にNDDであればあるほどロスカット発動が早くなる傾向にあるため、70%〜100%で発生するところもあるくらいなのでAxioryは結構耐えることができます。

日本語サポート

Axioryはサービス開始当初から日本語サポートを提供していたため、営業年数が少ない割に日本人人気が急上昇した要因だと思います。

おかげで日本語の書類を受け付けてくれるので口座開設もスムーズでしょう。

入出金について

クレジットカード、国内送金と主要入出金方法には対応しています。さらに、2017年3月にビットコイン入出金にも対応しました。

Axioryがビットコイン入金・出金に対応

銀行送金における中継手数料などを除くと、入出金手数料は基本的に無料です。

個人的な見解

これまでは個人的にキプロスのブローカーが全体的なバランスがいいためおすすめしたかったのですが、2017年からキプロスの規制強化によりボーナスの禁止やレバレッジ規制が行われるため、Axioryなどのオフショアブローカーにシフトしていくのがいいのかなと思っています。

あとは単純にキプロスのブローカーすべて、近い将来に日本人は利用できなくなるのではないかと思っているからです。それなら先に移動しておこうということです。

顧客保護が圧倒的に弱くなりますが、そこはいいブローカーを見極めつつ効率的な投資を行うことでカバーしていけばいいのではないでしょうか。

リンク:Axiory公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

メガネくん

30歳チョイのメガネをかけた男性。現在はFXのテクニカルトレードによる投資とビットコイン投資を行っています。今の目標は、自分が投資で儲けることではなく、知識がなくてもできる投資の情報や手段を提供することです。