ヨネダ メガネ 一度もマレーシアに行ったことがないのに移住する男。自称投資家のほぼ無職人間。 移住関係、投資関係、特に仮想通貨に興味津々です。詳しいプロフィールはこちらから。

なぜAxioryを使うべきなのか?理由と詳しい解説

スプレッドが狭くて使いやすい海外FX業者はないかなと思っている方にぜひオススメしたいのがこのAxiory。

着々とユーザーを増やしている理由と細かな口座の仕様を解説していきます。

Axioryを使うメリット

  • スプレッドが狭い
  • 日本語完全対応
  • 追証なし
  • 預け入れ資金の第三者補償がある

Axioryはこんな人におすすめ

  • ハイレバでスキャルピングしたい人
  • 日本語で問い合わせができるところがいい人
  • 日本人に人気のある業者を使いたい人

ここから詳細を解説していきます。

Axioryという会社について

まずAxioryはベリーズのFX業者で、2013年7月から営業を行っています。業界ではまだ若いほうですね。また、サポートなどは実際にはチェコで行われています。

リンク:公式サイト会社概要

ベリーズであることは、顧客保護の観点からはデメリットです。しかし、ベリーズだからこそスプレッドを狭くできたりビットコイン入出金などができたりというメリットもあります。

また、公式サイトのライセンスに関するページもチェックすることをおすすめします。ベリーズライセンスのこと以外にも、顧客資産の保管方法やThe Financial Commission(最大5000ドルまで第三者補償が受けられる)についてなどが書かれています。

ツイッターでの評判

私もAxioryにお金を預けているひとりとして、評判には敏感です。今のところ誠実に営業をしていて、利用を避けるほどの口コミは聞いていないので、問題のない業者だと判断しています。

具体的な数字は不明ですが、Axioryの主な顧客は日本在住者であると想像できます。しかし、海外FX業者の日本語の口コミを見つけるのは難しいのでツイッターなどから探してみました。

こんなツイートも…

その動画というのはこちらのようですね。

最終的にAxioryが返金対応ということで決着がついたようです。

利用者は多いのでツイッターでAxioryを検索して、口コミを参考に口座開設を検討してみるといいでしょう。

日本語サポート

Axioryはサービス開始当初から日本語サポートを提供していたため、営業年数が少ない割に日本人の人気が急上昇した要因だと思います。

おかげで日本語の書類を受け付けてくれるので口座開設もスムーズですし、問い合わせもキッチリ対応してくれます。

Axioryの入出金について

Axioryの入金方法

日本人にとって海外FX業者の入出金に1番便利なマイビットウォレットに対応していて、その他にもいろいろ対応しているので不自由はしません。もしカード入金したい場合はマイビットウォレット経由ですればVISA以外も使えます。

反映も早いですし手数料も無料です。

取引口座の比較

取引口座の種類は2種類あり、スタンダード口座とナノスプレッド口座という名称です。さらにMT4とcTraderの2種類の取引プラットフォームが用意されています。

スタンダード口座 ナノスプレッド口座
プラットフォーム MT4 cTrader MT4 cTrader
最低入金額 2万円 2万円 2万円 2万円
最大レバレッジ 400倍 400倍 400倍 400倍
最低ロット 1000通貨 1000通貨 1000通貨 1000通貨
取引手数料 なし 6ドル なし 6ドル
ロスカット 20% 20% 20% 20%

見ての通り、ほとんど比較する意味が無いほど違いがありません。手数料ありなしMT4cTraderかを考えればいいです。

人気なのはやはりMT4口座です。スタンダードとナノは分かれますが、個人的にはナノ口座のほうがコストが安いので好きです。

あとMT4よりcTraderが個人的に大好きです。スキャやる人には特にオススメ。

公式サイトの取引口座に関するページでも詳細を確認しておきましょう。

口座はあとから追加して資金移動も簡単にできるので迷ったら色々試すのがいいですよ。

Axioryのスプレッド

公式サイト上で、詳細なデータが掲載されています。特に平均スプレッドの項目が参考になります。

リンク:公式サイトリアルタイムスプレッド

一番お得な口座タイプはどれかという問題ですが、スプレッドもMT4とcTraderでは差はありません。ナノ口座の手数料も同じです。

では、スタンダード口座とナノスプレッド口座を比較した場合どちらが狭いかですが、ナノスプレッド口座の手数料は10万通貨のトレードに対し3USD(往復で6USD)なので、手数料を考慮してもナノスプレッド口座のほうがトータルで得なケースが多いと思います。

個人的に、手数料ありとなしを選ぶ場合、なしを選ぶ理由がありません。安い以外にも手数料は常に一定ですがスプレッドはブローカーによって広げられるからです。

デモ口座の開設

MT4とcTrader、スタンダードとナノスプレッド口座、全部デモ口座で試せます。

公式サイトのこちらから登録できます。

https://portal.axiory.com/registration/demo

追証なし

Axioryでは追証、つまり預けた金額以上の損失は発生しても支払う必要はありません。この安心感こそ海外FXが人気の理由です。

以下公式サイトより引用。

AXIORYでは、ストップロス保証、ゼロカット方式により、証拠金(預け入れた金額)以上に損失が膨らむことはありません。

ちなみにロスカットの発動は証拠金維持率20%以下で発動です。一般的にNDDであればあるほどロスカット発動が早くなる傾向にあるため、70%〜100%で発生するところもあるくらいなのでAxioryは結構耐えることができます。

Axioryのレバレッジ

最大レバレッジは400倍です。銘柄によっては個別に制限されることもありますが、ほとんど400倍でトレードできます。

また、口座残高が10万ドル以上(約1000万円)になると300倍が上限になるんですが、これは他の業者と比較しても緩めです。

Axioryにボーナスはなし

Axioryはボーナスを提供しない業者です。ボーナスは人気なのですが、トラブルの元と言っても過言ではありません。

ボーナスを使いたいならXMが1番いいです。

1000万円を運用する私がXMの強力な2つのメリットを語る

XMはまったくAxioryとは異なるタイプの業者です。スプレッドは広めなのでAxioryほどスキャに向きません。

ボーナスがすごいのにスプレッドも狭いという理想のような業者があったとしても、使うのは基本的にリスクです。うまい話には裏があると心がけてください。

なのでAxioryのような業者にボーナスを求めるのはやめましょう。

cTraderという取引ツール

この業界ではMT4が超主流なのですが、それはFXではマーケットメイキング方式が業者にとって稼ぎやすく、cTraderはマーケットメイキングできないからです。

cTraderはECN方式なので、株の取引所取引に近いタイプです。なのでFX業者があなたのトレードに介在しません。

私は結構昔からcTraderの利用をオススメしています。MT4と比べてEAの互換性がなく、数も少ないのですが自動取引しない人には全然関係ありません。

  • 使いやすい
  • サクサクトレード
  • 早い
  • 業者の不正がほぼない

Axioryのナノスプレッド口座(マークアップなし)でcTraderを使って快適トレードライフを満喫してほしいです。

Axioryのダメなところ

冒頭でも書きましたが、ベリーズの業者であることが不安要素ではあるでしょう。

ただ、日本人が使える海外FX業者は規制が強くて安心できるところはほぼ使えないと言っても過言ではありません。

安心感が必要なら素直に国内業者で我慢しましょうということです。

関連記事

日本人が今もっとも使うべき入出金方法のマイビットウォレットについて解説したページです。マイビットウォレットは他の業者もたくさん対応してるので、これさえ使っていれば困りません。

AxioryでのMybitwallet入出金についてガッツリ解説

個人的に、複数業者に資産を分散して使うべきだと思っていて、Axioryと同タイプ、いや優れているとまで私が思っているTradeviewという業者もオススメです。

使ってみてわかったTradeviewの評判が良い理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。