海外FXのアフィリエイトで稼げない人に読んで欲しい記事

私は以前に、海外FXのXMのアフィリエイトなら月100万円も楽勝という記事を書きました。実際に月に100万円以上稼ぐのは難しくはないと思っていますし、何事もまず始めることが大事だと思っているので、とにかくスタートしてほしいという気持ちからこういったタイトルを付けました。

ですが、現実は簡単に儲かるわけではありません。儲からない理由となぜ100万円が簡単だと言ったのかを解説していきます。

アフィリエイトの現実。ほとんどの人は稼げない。

海外FXのアフィリエイトのデータではありませんが、なんと37%もの人が1円も稼げていません。1円以上稼げてもその内80%は5000円未満という…

私が個人的に把握できる範囲ですが、海外FXのアフィリエイトでは約77%が1円も稼げていません。さらに、客観的に見て、そこそこの利益を出せていると思われる海外FXアフィリエイターは1~2%程度です。

77%の0円報酬には、登録しただけの人も含まれています。あくまでも参考程度に。

ではなぜ、海外FXのXMのアフィリエイトなら月100万円も楽勝という記事で100万円を楽勝と言ったのか。それは、上の図で言えば3万円以上を稼ぐ上位3%の人の実力があれば、国内のアフィリエイトと比較して月100万円なんて楽勝です、という意味です。

多くの人は失敗するのが目に見えているので、しっかりと対策を考えていきたいと思います。

どれくらい稼げるのか

そもそもどれくらい稼げるのかといったいわゆる「相場」的なものは気になると思います。

1ヶ月10万円程度は海外FXアフィリエイトではかなり少ないです。個人であっても500万円から1000万円は不可能ではありません。さすがにそこまでいけば相当上位なので、やはり100万円くらいは目指したいところでしょう。

海外FXのアフィリエイトで月5万円や10万円を目指すのは、目標を過剰に低く設定しすぎです。そんな低い目標では可能性を潰すだけなので、私は100万円という大台の数字をあえて出したいと思います。

アフィリエイトでの心がけ

次の3つのことを心がければ、まずは0円の壁を超えることは簡単です。

  • 専門性
  • 網羅性
  • 信頼性

私が実際に意識をしている専門性とは、海外FXに関する詳しさです。具体的には人に教えられるレベルになる、といった感じです。

次に網羅性ですが、特定のテーマについてブログを書く時に、そのテーマに関連する情報を網羅することです。XMについて書くならXMを普段から実際に利用することで、いろいろな情報を得ることができます。また、複数の海外FX業者を使う(網羅)ことでそれぞれの特徴をつかむことができます。専門性が深さであれば、網羅性は広さですね。

最後に信頼性ですが、ツイッターとサイトで役立つ情報を提供し続ける、人物像を読み手にイメージさせる、これらを長く続ける、といったことで信頼を得る努力をしています。誰が作ったのかイマイチわからない、サイト作りに失敗したらすぐに作り直す、SNSで独自の情報提供ができないというのはいつまでたっても信頼されません。信頼を得てファンが増えたら、それは必ずプラスになりますしライバルに差をつけることができます。

私はこの3つをこのように意識をしています。

どういった記事をブログに書くか?

専門性、網羅性、信頼性を前提にブログを書きますが、具体的にはどういったことを書くか?ということに触れます。

新規ユーザー獲得

まず、アフィリエイトの基本は新規ユーザーを獲得することです。新規ユーザーしかお金になりません。実際は、追加口座を開設するというパターンもあるので絶対ではありませんが、基本は一度もその海外FX業者を使っていない人向けに記事を用意します。

例えば、XMをまだ使ったことがない人がXMについて調べるとしたらどういったことでしょう?信用ができるか、評判はどうか、ボーナスはどういうものなのか、などなどありますよね。お金になる記事はこういった内容です。

人が検索することとは

人が検索エンジンを使って何か検索するときは、何かの答えを探していることが圧倒的に多いです。

そして、なぜ検索エンジンで上位表示されることが重要かというと、長期的にアクセスを稼いでくれるからです。

ということは、検索エンジンから人が来る記事で、なおかつ新規ユーザーを獲得できる記事がもっともお金になる記事です。この意識が大切です。

それ以外の記事の価値

私のサイトでもそうですが、実際にはお金にならない記事も書いています。それはアクセス数を稼ぐためであり、役立つ情報を提供(ユーザーのメリット)するためです。

お金にならない記事も重要ですが、お金にならない記事ばかりを書かないように気をつけましょう。

やってはいけないこと

上記3つを参考に、私が考える海外FXアフィリエイトでやってはいけないことを書きます。

バナーを貼るだけ

ブログにバナーを貼りました、早く報酬発生しないかな〜と待っても日が暮れるとかの騒ぎではありません。

もっと専門性のあることをしないと、簡単にはアフィリエイトリンクをクリックさせることはできません。

日記

FX関連の日記といえば、トレード報告だったり相場予想を書いたりがありますが、オススメはできません。労力の割にペイしません。

専門性と信頼性を兼ね揃えているFX業者が発信する相場予想も、見ている人少ないと思いません?だって勝てるようにならないですよアレ。それを素人が真似しても…ということです。

勘違いしないでほしいのは、効果が100%ないからオススメしないのではなく、効果を出すのが難しいからです。

別のIBを紹介する

これは自分がIBにならずに別のIBを紹介するだけという意味で、収益性に問題があるのでオススメしません。

例えば、キャッシュバックフォレックスのようなキャッシュバックサイトは同時にアフィリエイトも募集しています。こういったサイトを自分のサイトで紹介する方法もありますが、デメリットは稼げる金額が少ないのです。

XMを例にすると、キャッシュバックフォレックスにXMユーザーを紹介した場合、あなたが取引ごとに受け取ることができるのは、直接XMを紹介した時と比べるとわずか8%です。

他社のサービスを紹介するため、マーケティングが適当でも利益を上げることができますが、全く将来性はありません。適当でも少し稼げるので、マーケティングを学ぶ姿勢や能力が身につかないです。

キャッシュバック系サービス

じゃあ自分でやろう、というのも問題があります。

これは収益性に問題があるのではなく、紹介する顧客にサービスを提供するのがよくありません。

違法になるかどうかは前例がありませんし、金融庁が警告という圧力で終わらしているのを見る限り、摘発は難しいのでしょう。

別の視点で見れば、国内のFX業者のアフィリエイトは免許無しでOKですし、紹介する顧客にサービスを提供していない場合は過去に警告を受けていないのを見る限り、やはり紹介する顧客にサービスを提供するというのは1つの判断基準になっていると思います。

参考:金融庁が警告した無登録の海外所在業者リスト

儲かりやすいブローカー

個人的にはやはりXMが一番儲かる可能性が高いでしょう。理由は、有名で人気だからです。

しかし、XMは有名であるがゆえライバルが多いですし、どういったマーケティングを行うかによってどのブローカーがもっとも稼げるかというは変化します。それに、市場のニーズも変化するのでそれを見逃さないことが重要です。

参考書籍

最近は、ブロガーという言葉も有名になってきました。極端な話、ユーチューバーであってもネットにおけるマーケティングの根本的なテクニックは共通していることが多いです。

いろいろな先駆者や書籍を参考に勉強しましょう。必ず役に立ちます。

私が参考にした書籍を紹介するので、ぜひ読んでみてください。

ブログの成功技術:ブログ記事の書き方究極のガイドブック

http://amzn.asia/5fllHxs

ブログの成功技術ですが応用ができます。「書き方」というタイトルから来る印象とは違って、ニーズに答えることの重要性を教えてくれます。そして、初心者にとっては「何を書かないか」を学ぶことができます。この本の半分以上は実際に書き始める作業の準備段階のことを述べていることから、いかに準備に時間をかけるのが重要であるかがわかります。

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—

http://amzn.asia/0NQekDF

今回紹介した、専門性・網羅性・信頼性というのはこの本から引用させていただきました。斬新な漫画タイプですが提供される情報の質はピカイチです。実際に文章を書き始めた人に参考になる内容です。

ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座

http://amzn.asia/0BbRYbJ

この本も個人ブログ前提での内容ですが、自分個人が有名・信頼される人間になるという点は応用が可能です。これは多くのライバルがやってないことです。

メガネくん
アフィリエイトで成功するのに大切なのは、人に求められることをやるという一点だけです。Google検索の上位を狙うことではありません

本質を理解しないと遠回りすることになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

メガネくん

30歳チョイのメガネをかけた男性。長年FXに関わったので、勝ち組トレーダーにはなっていないが知識と経験だけが蓄積されました。最近はビットコインなどの暗号通貨も扱っています。