詐欺海外FX業者を避ける10の方法

イギリスの規制当局FCAは、イギリス国内の投資家に向けて詐欺業者に引っかからないための10の方法を公開した。これらはすべての海外FX業者を利用する際も役立つので是非チェックしておこう。

1. ライセンスを照会する

まず大前提として、必ずライセンスを保有しているFX業者のみ利用するようにしよう。そしてライセンスの確認はFCA公式サイトで必ず確認するようにし、業者のサイトに掲載されているだけで信用しないようにしよう。 検索は登録番号、会社名、郵便番号などから検索できる。

FCA登録業者検索

例えば、FxProを検索する場合は、Firm nameにFxProと入力しSubmitをクリックする。これでFXPRO UK Limitedという社名でFCAに認可されていることが確認できた。

FCA登録業者の検索結果

2.登録されている電話番号を確認する

1で確認した業者登録情報は会社名だけを確認するものではない。最低1つの電話番号が明記されているので、電話で問い合わせをする場合は必ずその番号を利用するようにする。これは、ウェブサイトやメールで案内された電話番号が偽の番号の可能性があるため、それに引っかからないようにするためだ。

3.偽サイトではないことを確かめる

ライセンスの照会をするのに偽サイトを見せられたのでは意味が無いので、フィッシング詐欺のようにメールなどに記載されているURLからではなく、直接www.fca.org.ukへ行くようにしブラウザのアドレスバーを必ずチェックする。

4.クローンサイトを警戒する

最も多い詐欺サイトのタイプに、クローンサイトと呼ばれるものがある。これはしっかりとライセンス取得をしている有名業者の名前やサイトをそのままコピーしているサイトのことだ。これを見抜くのはそれほど難しくはなく、URLは同一のものが存在しないので注意深くサイトのアドレスを確認し、違和感を感じるのであれば警戒しよう。

5.もっと確認する

業者が保有する金融ライセンスだけではなく、その業者の法人登記簿を確認し、連絡先やウェブサイトに間違いがないことを確認する。

基本的な会社情報であれば無料で、ネット上で確認することは可能だ。業者に連絡し、会社情報を確認したいと伝えると良いだろう。多くの場合、偽物であればこういった問い合わせを無視するか的外れの回答をするからだ。

6.「認可」か「登録」かを確認する

FCAにおいては、認可を意味するAuthorizedと登録を意味するRegisteredという2種類のステータスが存在する。「認可」を受けているということは、イギリス国内で事業所を構えて金融業を行うことを許可されており、投資家はイギリスの法律で守られていることを意味する。

一方、「登録」のみの場合はイギリス国外の業者がイギリス国民に対して営業を行うことを許可されているという意味で、投資家保護の法律や補償はイギリスではなく、それぞれ業者の国に依存することになる。

これはEU圏内のFX業者を利用する際に気をつける必要が有ることだが、多くのケースはキプロス(CySEC)でライセンスを取得し、FCAには登録のみで認可はされていないのが多い。これはFCAのライセンスを維持するのがCySECと比較し難しいからだ。もちろん、FCAに認可されていないから詐欺業者、という意味ではなく、キプロスの法律が投資家に適応されるという意味になる。

FxProの場合はFCAとCySEC両方に認可されているため、1で検索したように2つの法人が検索結果に表示される。下の画像のFXPRO Financial Services Limitedはキプロス登記なのでEEA Authorisedと表示されている。FXPRO UK Limitedとは同じFxProでも全く別の会社なので提供されるサービスが微妙に異なる。

FCA登録業者の検索結果

7.無登録業者リストを確認する

有名ではない業者を利用する前にはFCAが公開している無登録業者リストで検索が重要だ。しかし、こういった詐欺業者はすぐに名前を変えるため、イタチごっこのようになっている。リストに名前がないからといって詐欺業者ではないということにならないので注意が必要だ。

8.海外の金融当局による注意勧告を確認する

例えば日本金融庁に警告を受けている海外FX業者だからといって詐欺業者ということにはならないが、どこかの国で警告を受けていないかを確認するのもひとつの手段だ。

9.希望していない勧誘電話(メール)は避ける

ライセンスを保有するしっかりとした業者は、希望していないユーザーに強引な勧誘を行うことは稀だ。登録をした覚えが無かったり、迷惑だと思う勧誘があった場合はその業者には注意しよう。

10.詐欺業者は通報しよう

もし詐欺業者を発見したら金融当局へ連絡することで、多くの詐欺を未然に防ぐことができる。各国の規制当局のサイトや連絡先を確認しておこう。

今回はイギリスのFCAが詐欺業者を避ける10の方法を公開したためイギリスを中心に掲載したが、イギリスの業者だけに限らず、どこの国の業者を利用する場合もこのページで紹介されている方法を参考に詐欺に合わないよう気をつけよう。

ABOUTこの記事をかいた人

メガネくん

30歳チョイのメガネをかけた男性。長年FXに関わったので、勝ち組トレーダーにはなっていないが知識と経験だけが蓄積されました。最近はビットコインなどの暗号通貨も扱っています。